中島晴美展 in 日本橋髙島屋 2017

by & filed under 陶芸最前線.

髙島屋美術部創設110年記念 中島晴美展

「不条理を開示する形態―1403A」高さ100cm、50×46cm



9月27日(水)〜10月16日(月)

日本橋髙島屋 美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

1950年岐阜県恵那生まれ。73年大阪芸術大学デザイン科陶芸専攻卒業し、76年から2003年まで多治見市陶磁器意匠研究所に勤務。16年まで愛知教育大学美術教育講座造形文化コース教授を務め、現在は、多治見市陶磁器意匠研究所所長。
人間の心の奥底に潜む意識やイメージを、磁土による有機的な白地のフォルムに大小のブルーのドットを配するという手法で表現してきた。日本の現代陶芸を代表する作家の一人として国外での評価も高く、アメリカ、ドイツ、フランスほかの美術館にコレクションされている。
当展は「不条理を開示する」と題する12点の出品で、大阪店でも開催される。
*大阪髙島屋=11月1日(水)〜7日(火)

アーカイブ

  • 2017 (34)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)