瀧口喜兵爾茶陶展 in 京王百貨店ギャラリー 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

瀧口喜兵爾茶陶展


「茜織部茶盌」高さ8.2cm、径11.5cm


「茜織部茶盌」高さ8.8cm、径11.5cm

2018年10月11日(木)〜17日(水)

京王百貨店ギャラリー
新宿区西新宿1-1-4
03-5321-5300

1937年東京・浅草に生まれ、59年玉川大学を卒業。61年焼き物の道を志し、大学の講師であった加藤十右衛門氏(岐阜県重要無形文化財保持者)に師事。
73年美濃焼の聖地・大萱に窯を築き、現在に至る。
地元の土をみずから調合し、手回し轆轤や型起こしによる成形を行う。それに加えられる絵付けと釉調及び両口窯による薪焼成は、美濃における桃山陶の伝統を色濃く継承する。その業績が高く評価され、2013年岐阜県伝統文化継承者顕彰を受賞。今年3月には可児市重要無形文化財保持者に認定された。加えて、京都古田織部美術館の織部賞を受賞。本展はその報告を兼ねた美濃桃山陶の神髄の披露。

「鳴海織部扇面鉢」高さ6cm、21×26.7cm


「織部南瓜花入」高さ12cm、径20.6cm


「鳴海織部手鉢」高さ17.2cm、23.6×20.6cm


「美濃伊賀水指」高さ19cm、径19.7cm


「黒茜織部水指」高さ18cm、径18.5cm


「美濃伊賀花入」高さ25.8cm、14.5×14.8cm

 

 

アーカイブ

  • 2019 (11)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)