2019年1月鬼丸尚幸 [ 寿 ]

カテゴリー: 器と出会う.

「青白磁花器」高さ9.8cm、径11.2cm




1月…January [寿]


花 器:鬼丸尚幸
活け花:瀬尾浩章

優しくゆらぐさざ波のようなラインが入った器。指先に感じる細かい凹凸が、磁土でできているということを際立たせる。
愛らしい葉の形や枝ぶり、香り、色彩と器…すべては土から生まれる大地のハーモニー。
幸多き年であるよう新年の思いを込めて。
○グリーンフィーユ「ハボタン」 ○老梅 ○ジャノメ松 ○ヤブコウシ

Onimaru Takayuki
1977年 福岡県朝倉郡小石原村(現在の東峰村)に生まれる
2005年 東京藝術大学大学院美術研究科 修士課程陶芸専攻修了
2008年 同学博士号取得
2010年 第4回菊池ビエンナーレ入選
2011年 茶の湯の現代-用と形-入選
2012年 第47回西部工芸展日本工芸会賞
     第29回西日本陶芸美術展大賞
2014年 「青白磁面取角皿 向」宮内庁買い上げ
2017年 日本陶芸展文部科学大臣賞




器と出会う画像SEO HIROAKI
外資系ベンチャー企業を経て1997年、家族が東京・日暮里にフラワーショップ“Curtain Fig Tree ”をOPENしたのをきっかけに、多彩な花とアレンジの世界に魅せられていく。
中島敏光氏に師事した後、パリのフラワーショップ「レ・ミルフォーユ」で修行。フィリップ・ランドリー氏に師事。現在、Curtain Fig Tree / Floral Designのメインフラワーデザイナー兼店長。
向島の料亭や上野、新小岩の創作懐石料理「梅の花」の活け込みも手がけ、和洋ともに、花や草木のidentityと、器や空間を活かした直感的で斬新な独自のフラワーデザインが支持を集めている。
ミュー ジシャンや日本舞踊とのコラボレーションも行う。

アーカイブ