陶芸財団展2018

カテゴリー: 公募展案内.

第22回国公募 陶芸財団展


2017陶芸大賞 茶陶部門
川井庸夫「幕釉黒楽茶碗」


2017陶芸大賞 前衛部門
吉仲翠雅「創」


2017陶芸大賞 実用食器部門
木戸亜里沙「翔けわたしの若冲」


2017陶芸大賞 インテリア部門
阿部厚子「あかねさす富嶽 」


陶芸財団理事長賞
二木好文「きらめく」


陶芸財団理事長賞
二木好文「きらめく」

[趣旨]  陶芸を広め育てる
[主催]  公益財団法人 陶芸文化振興財団
[後援]  文化庁、東京都、埼玉県、埼玉県議会、埼玉県教育委員会、栗田美術館、戸栗美術館、ポーラ伝統文化振興財団、日本陶芸教室連盟 (前年実績)
[会 期]  平成30年 6月 27日(水)〜7月8日(日) 火曜休館
10〜18時(入場は17時30分まで、最終日は17時まで)
*最新の情報は国立新美術館ホームペーシ、またはハローダイヤル(03-5777-8600)で確認
[会場]  国立新美術館展示室3B(東京都港区六本木 7-22-2     会期中電話:03-6812-9921)
[応募資格]  年齢、国籍を問わない
[応募作品]  伝統、茶陶、前衛、実用食器、インテリア、人形
*各部門とも自作で未発表の輸送に耐えることができる陶芸作品

[出品料]  1点につき 12,000 円(財団会員は1点につき 8,000 円)。 納入後の出品料の返却はしない
[審査]  部門別に審査し、入選作品を展示。審査結果は応募者に5月20日頃に封書で発送
[]
文部科学大臣賞、陶芸大賞(6 部門副賞総額60万円)、陶芸財団理事長賞、陶芸財団会長賞、審査委員長賞、審査委員賞、優秀賞、陶芸財団奨励賞、東京都知事賞、埼玉県知事賞、埼玉県議会議長賞、埼玉県教育委員会教育長賞、埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞、埼玉県芸術文化祭奨励賞、陶芸美術館賞、栗田美術館賞、戸栗美術館賞、ポーラ伝統文化振興財団賞、日本陶芸教室連盟賞(前年実績)
[その他]  応募作品の展覧会広報の諸権利は(公財)陶芸文化振興財団に帰属する

*輸送搬入:平成 30年4月4日(水)〜8日(日)までに必着
*持込搬入:4月14日(土)・15日(日) 10〜16時
*搬出(A〜Cのいずれかを選択)
A.国立新美術館(地下1階作品搬出入口 陶芸財団展受付)

日時:平成 29年 7 月 9日(月) 13〜15時
B.大宮通運倉庫(陶芸会館より徒歩2分)
日時:平成 29年 7 月 15日(日) 11〜15時
C.輸送搬出(着払いで返送)。指定業者「谷中田美術」より搬出梱包料と返送運賃(含保険料)を着払いで

[問合せ先]
陶芸会館 陶芸財団展事務局 TEL・FAX 048-664-9323
〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町2-641-1