2022年5月 渡辺国夫 [ 春風のハーモニー ]

カテゴリー: 器と出会う.

《積奏彩幾何文花器》高さ20.8cm 径7.5cm




5月…May  [ 春風のハーモニー ]

花 器:渡辺国夫
活け花:瀬尾浩章

色鮮やかで緩やかなラインが幾重にも重なり、美しい色彩のハーモニーがあふれる器。
春風の香りが漂い、花が舞う季節。華々も躍り、香りを増す。
○エッジドサーモン(芍薬)  ○ジャスミン ○ゼラニウム

Watanabe Kunio
1967年 山梨県生まれ
1996年 東京芸術大学大学院美術研究科陶芸専攻修了
2000年 東海伝統工芸展中日賞
2006年 山梨県山中湖村に工房を設立
2010年 おおたき北海道陶芸展大賞・北海道知事賞
2011年 伝統工芸陶芸部会展日本工芸会賞
2012年 茶の湯の現代 −用と形−奨励賞(菊池寛実記念智美術館)
2016年 テーブルウェアフェスティバル優良賞
     陶美展「奨励賞」
2018年 現代茶陶展TOKI織部奨励賞
2019年 萩大賞展Ⅴ審査員特別賞
(社) 日本工芸会正会員、日本陶芸美術協会会員




器と出会う画像SEO HIROAKI
1997年、家族が東京・日暮里にフラワーショップ “Curtain Fig Tree ” をOPENしたのをきっかけに、多彩な花とアレンジの世界に魅せられていく。レ・ミルフォーユ・ドゥ・リベルテの中島敏光氏に師事した後、パリのフラワーショップ「レ・ミルフォーユ」の故フィリップ・ランドリー氏に師事。現在、Curtain Fig Tree / Floral Designのオーナー兼メインフラワーデザイナー。料亭の活け込みや、アーティストの写真集・ツアーパンフレットなどの空間デザインも手がける。花、草木、器、人が発する輝きを融合させることに日々精進する。

アーカイブ