2022年1月 梶原靖元 [ 祝う ]

カテゴリー: 器と出会う.

《黒唐津茶碗》高さ6.5cm、11.2×10.5cm




1月…January [ 祝う ]

花 器:梶原靖元
活け花:瀬尾浩章

温かみのある古唐津的な風合いの茶碗に、実と茎が赤い千両と繊細な姿のヒカゲノカズラを添え、新年の幕開けを祝う。
○紅千両 ○ヒカゲノカズラ

梶原靖元展
2月4日(金)~13日(日)
しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

Kajiwara  Yasumoto
1962年 佐賀県に生まれる
1980年 唐津の江口宗山に師事
1989年 京都の大丸北峰に師事。有田、唐津、京都など各地で修行
1995年 唐津市和多田で独立
1997年 相知町で穴窯を築窯
2001年 佐里で築窯
2002年 韓国の古窯址を調査
2003年 韓国の古窯址で3カ月間研修
2009年 中国河南省汝窯の青瓷古窯跡視察
2012年 韓日會寧陶磁展出品。韓国・梁山で作陶
2013年 韓国・通度寺で作陶
2014年 井戸茶碗古窯跡・白蓮里、頭洞里の原料視察
2015年 高麗白瓷古窯跡・楊口、驪州視察




器と出会う画像SEO HIROAKI
1997年、家族が東京・日暮里にフラワーショップ “Curtain Fig Tree ” をOPENしたのをきっかけに、多彩な花とアレンジの世界に魅せられていく。レ・ミルフォーユ・ドゥ・リベルテの中島敏光氏に師事した後、パリのフラワーショップ「レ・ミルフォーユ」の故フィリップ・ランドリー氏に師事。現在、Curtain Fig Tree / Floral Designのオーナー兼メインフラワーデザイナー。料亭の活け込みや、アーティストの写真集・ツアーパンフレットなどの空間デザインも手がける。花、草木、器、人が発する輝きを融合させることに日々精進する。

アーカイブ