2016年5月 高内秀剛 [母なる大地の声]

カテゴリー: 器と出会う.

「黄瀬戸花器」高さ15.5cm、29×24cm

「黄瀬戸花器」高さ15.5cm、29×24cm



5月…May [母なる大地の声]

花 器:高内秀剛
活け花:瀬尾浩章
○オダマキ ○ハーブゼラニウム ○ガルピニ

太古の昔からの土の声が聞こえてきそうな、ロマンを感じる焦げのついた黄瀬戸の器。すべてを産み出す母なる大地ー豊穣な大地から可愛らしい花々が咲き出でる様子を、淡いピンクのオダマキと、マリモのようなまだ若々しいガルピニで表現。 母の日の5月、大地への感謝と歓喜を、母への思いとともに活けた。

TAKAUCHI SHUGO PROFILE
1937年 東京に生まれる
1968年 栃木県益子町に築窯
1972年 日本伝統工芸展入選
1973年 日本陶芸展入選
1976年 現代日本陶芸展出品(オーストラリア、ニュージーランド巡回)
1980年 ヴァロリス文化芸術協会賞受賞
1983年 ジャパンセラミックストゥディ(スミソニアン美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館)
1989年 栃木県文化奨励賞受賞
1995年 ジャパンスタジオクラフト展(ヴィクトリア&アルバート美術館)
1996-97年 NHKやきもの探訪展出品
1997年 コンテンポラリーティーポット展出品(デンマーク工芸美術館)
2000年 「うつわをみる  暮らしに息づく工芸」(東京国立近代美術館工芸館)
2003年 「現代日本の陶芸  受容と発信」展(東京都庭園美術館)
百貨店、画廊などで個展


器と出会う画像SEO HIROAKI
外資系ベンチャー企業を経て1997年、家族が東京・日暮里にフラワーショップ“Curtain Fig Tree ”をOPENしたのをきっかけに、多彩な花とアレンジの世界に魅せられていく。
中島敏光氏に師事した後、パリのフラワーショップ「レ・ミルフォーユ」で修行。フィリップ・ランドリー氏に師事。現在、Curtain Fig Tree / Floral Designのメインフラワーデザイナー兼店長。
向島の料亭や上野、新小岩の創作懐石料理「梅の花」の活け込みも手がけ、和洋ともに、花や草木のidentityと、器や空間を活かした直感的で斬新な独自のフラワーデザインが支持を集めている。
ミュー ジシャンや日本舞踊とのコラボレーションも行う。

アーカイブ