第5回陶美展2018

カテゴリー: 公募展発表.

第5回 陶美展

日本陶芸美術協会主催による第5回となる全国公募の「陶美展」の入賞・入選作品が決定し、1月に次のとおりに開催される。
伝統、陶技、創造という要素を包含する陶芸の新たな創作世界が展開される。

会  期:1月17日(水)~23日(火)
○会  場:日本橋髙島屋 美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3246-4310



日本陶芸美術協会賞(最高賞) 
渋谷英一「黒彩器」高さ36cm、60×40cm

 

 

札幌インテリア・アクア賞(優秀賞) 
大野佳典「白磁鉢」高さ32.5cm、径41.5cm



 

茨城交通賞(優秀賞) 
松澤恵美子「IKIBUKI」高さ67cm、36×27cm


十四代柿右衛門記念賞(優秀賞) 
西本直文 玄生「翔」高さ19cm、61×11cm


髙島屋賞(優秀賞) 
多田幸史「幾何紋銀彩組鉢」高さ7.2cm、径33cm(大)
高さ5.5cm、径18.2cm(小)


奨励賞
井口雅代「釉彩染分雪笹文蓋物」高さ14.5cm、径30.5cm


奨励賞
高島聡平「繭−祈り−」高さ51.3cm、29.1×30.3cm


奨励賞
西村芳弘「酔奏楽」高さ38cm、42×17.3cm


奨励賞
吉田幸央「金襴手彩色鉢」高さ16.5cm、径51.5cm


奨励賞
若尾誠 「粉青瓷茶垸」高さ11.2cm、14.5×13cm

なお、第5回の応募は223 点で、入選は134 点。特待出品作品9点 を含めた合計143点 の展示となる。
また、審査員は次のとおり。

石﨑泰之 (山口県立萩美術館・浦上記念館副館長)
内田篤呉 (MOA 美術館館長)
徳留大輔 (出光美術館学芸員・審査員長)
伊勢﨑淳 (重要無形文化財保持者・陶芸家)
今泉今右衛門 (重要無形文化財保持者・陶芸家)
中田一於 (陶芸家)
佐伯守美 (陶芸家)
酒井博司 (陶芸家)