谷本景の軌跡 in 伊賀市ミュージアム青山讃頌舎 2022

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

十三代三輪休雪作品展

2022年10月7日(金)〜16日(日)
しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

1951年山口・萩に生まれ、75年アメリカに留学。2007年日本陶磁協会賞金賞を受賞し、19年十三代三輪休雪を襲名する。
「エル・キャピタン」は、アメリカ・ヨセミテ渓谷にそそり立つ花崗岩で、谷底から約1,000mの高さがあり、一枚岩としては世界一。その毅然とした圧倒的な美しさに感動して創作された連作で、17年に当苑で発表された。
一方「淵」と「寧」には、奈良薬師寺東塔(国宝)の基礎から掘り出された基壇土が使われている。原土に含まれる無数の砂利を手作業で取り分けた鉄分の多い土で、見島土と同様、白萩釉が冴える。三輪家の白萩釉は、十代休雪(休和)が黒く焼いた藁を台柄臼で搗いて微粉にするなど試行錯誤を重ね、十一代(壽雪)が大成し、白色が際立つ「休雪白」と呼ばれる。十三代も伝来の魅力を活かし、独自の造形に用いている。



《エル・キャピタン/El Capitan》
高さ14cm、13.4×12.6cm


《雪嶺/Setsurei》
高さ24.1cm、20.7×20.7cm


《エル・キャピタン/El Capitan》
高さ12.2cm、15.5×15cm


《寧/Nei》高さ10.3cm、19.3×18.6cm


《立/Ritsu》高さ35cm、17.6×16.1cm


《淵淵/En-en》高さ10.7cm、径15cm

 



第11回佐伯守美陶芸展

2022年10月7日(金)〜11日(火)
現代工芸 藤野屋
佐野市浅沼町859
0283-23-0700



《象嵌釉彩樹林文扁壺》
高さ27.6cm、68×14cm


《象嵌釉彩樹林文扁壺》
高さ30cm、80×12cm


《象嵌釉彩白樺樹林文扁壺》
高さ29.5cm、52×12cm

1949年宇都宮に生まれ、77年東京藝大学大学院陶芸専攻を修了し、「掻落し芙蓉文大皿」が東京藝術大学資料館買上げとなる。81年栃木県芳賀町給部に築窯し独立。
1991年第31回伝統工芸新作展東京都教育委員会賞、02年第4回益子陶芸展審査員特別賞、04年第66回一水会陶芸展一水会賞などを受賞する一方、伝統工芸新作展などの審査員を歴任。
髙島屋、寛土里、黒田陶苑などで個展を開いてきたが、同画廊では14年ぶりの新作展。コロナ禍のなか、土の質感、造形、文様、焼成などのアイテムをじっくりと見つめ直して陶芸の原点に立ち、樹木から受けた感動を新たな心象風景として、花瓶、壺、扁壺、香炉、茶碗、陶板、ぐい吞、片口、湯吞、カップ、ジョッキに展開している。



《象嵌泥彩樹林文壺》
高さ29.4cm、径33cm


《象嵌泥彩樹林文花瓶》
高さ30.5cm、22.5×12cm


《象嵌泥彩樹林文壺》
高さ30.1cm、径35.5cm

 



萩 坂倉正紘展

2022年10月05日(水)〜10月10日(月)
日本橋髙島屋 6階美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

1983年、十五代坂倉新兵衛の長男として山口・萩に生まれる。2009年東京藝術大学大学院彫刻専攻、11年京都市伝統産業技術者研修を修了し、19年現在形の陶芸萩大賞展Ⅴ佳作。
坂倉家の特徴的な枇杷色の肌に土味を見せる釉調の茶碗をはじめとした伝統的な茶陶作品を手掛けるかたわら、藝大で学んだ彫刻の技法を活かした現代的な造形作品にも取り組む。また、大道土をはじめとした萩の伝統的な土に加え、身近な場所で自ら採取した土も取り入れて制作するなど、素材の質感を活かした個性溢れる作品を生み出している。当画廊での初個展となる当展では、茶碗を中心に花器や鉢、酒器などの新作を一堂に展観する。



左:《祠赤土茶盌 大道粉引》高さ8cm、12×11cm 右:《花器》高さ29cm、14.5×12cm


 



静中動:韓国のスピリットをたどる―開かれた陶のアート展

2022年9月17日(土)〜12月18日(日)
滋賀県立陶芸の森 陶芸館
滋賀県甲賀郡信楽町勅旨2188-7
0748-83-0909

他文化と交流を重ねながら独創的な世界観を生み出してきた韓国のアーティストたちには、静の中に潜められる動のエネルギー、「静中の動」の精神が垣間見える。その精神性の一つの代表例として挙げられるのが、朝鮮白磁の「満月壺(MOON JAR)」で、ジャンルを問わず韓国に通底する美・文化のキーワードとしてたびたび登場する。
本展は、静中動の視点から、様々な表現・理論へと展開された韓国アートを、おもに陶を素材にした作品を5つの分野に分けて紹介するもので、それぞれの展示内容は以下のとおりになっている。

○序章「精神性の根源」(作品①②):現代作家に影響を与えた「甕器」から「青磁」、「粉青沙器」、「白磁」までの韓国を代表する伝統的なやきものにより韓国現代陶芸のルーツをたどる。
○第1章「静」(作品③):「満月壺」の魅力とは何なのか、「伝統」を多角的な方法でアプローチして独自に再創造していく作家10人により、そこに潜められた精神性について探る。
○第2章「中:関係性」(作品④):国内外で注目されている「もの派」の理論的支柱である李禹煥、平面と立体の中間的な存在で新たな陶芸を拓いた李承煕の作品を通じて、「やき・〈もの〉」という存在について問いかける。
○第3章「動」(作品⑤):国や文化圏を越えた交流の中で作家が獲得した新たな表現手段により、相対的に浮かび上がるアイデンティティに着目する。
○第4章「静中動をこえて: いま、ここに」(作品⑥):同時代の動向に注目し、国内外で活動している5人の作家の紹介。



①《白磁壺》高さ7cm、径12.5cm
朝鮮時代(18世紀)日本民藝館所蔵


②《粉青刷毛目鉄絵草花文俵壺》高さ24cm
朝鮮時代(15世紀後半-16世紀前半)
日本民藝館所蔵 


③金愛榮《Pivot Series_瀬戸際の風景3》
各高さ28cm、10×10cm 2022年 個人蔵


④李承煕《Tao_Kyoto(15) 》2018年
MUSEUM李朝所蔵


⑤禹寬壕《一万個のプレゼント》
高さ59cm、59×5cm  2014年
滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵


⑥趙光勳《瞑想》高さ95cm、65.5×60cm  
2018年 滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵

 



笠間焼250年記念 欲しいがみつかる・うつわ展Ⅱ-笠間と益子-

2022年9月17日(土)〜12月11日(日)
茨城県陶芸美術館
笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
0296-70-0011 



小堤晶子、垣沼千亜季、工房モノゴコロ、鈴木美汐、廣田哲哉 、丸山卓也 、AGO PAIX LABO、庄司千晶、竹下鹿丸 、ツキゾエハル 、中村かりん、山野辺彩



丘上八雲 、グラハム・マクアリスタ、小林耶摩人 、佐々木恒子 、西村峰子、船串篤司 、阿久津雅土、 Ayaka Tabala 、伊藤丈浩 、キマノ陶器


本展は、2018年に開催した「欲しいがみつかる・うつわ展」の第2弾で、笠間(茨城) と益子(栃木)を拠点に活動する74名の作家による作品展。
笠間焼が創業250年を迎え、20年に「かさましこ」として日本遺産に認定された笠間と益子は、伝統的なものから新しい感覚の作風のものなど、多様な個性を許容するやきものの一大産地として注目を集めている。
しかし、個人作家のつくるうつわの多くは少量生産のため、個展や陶器市などに作品並ぶとすぐに完売するなど、作家の手元に作品が残ることが少なく、美術館では紹介されづらい状況にあった。
本展では、そのような個人のうつわ作家に焦点をあて、両産地の「今」を見つめ、実際に手に取ってみたくなるような以下の作家の作品が展開されている。
《笠間》
阿部誠/伊藤珠子/大野香織/大和田友香/丘上八雲/小堤晶子/垣沼千亜季/梶田 慶/ (茨城) 金井春樹/川澄智一/きさのき塔窯/鯨井円美/グラハム・マクアリスタ/assa./Keicondo/ 工房モノごコロ/小林耶摩人/小松弦太/近藤文/酒井敦志之/坂本 新/佐々木恒子/ 佐藤りぢゅう/新島佐知子/杉山 悠/鈴木美汐/砂山ちひろ/セレンのあ/髙橋春夫/ 千葉こずえ/西村峰子/平岡 仁/平沢佳子/平松祐子/廣田哲哉/船串篤司/穂髙隆児/ 馬目隆広/丸山卓也/横山知加子/李志杰
《益子》
阿久津忠男/阿久津雅土/AGO PAIX LABO/Ayaka Tabala/伊藤丈浩/岩下宗晶/ (栃木) 榎田若葉/沖本東/小野澤弘一/川崎萌/キマノ陶器/久保田健司/栗谷昌克/西丸太郎/櫻井薫/佐々木康弘/島田琴絵/下永久美子/庄司千晶/鈴木宏美/竹下鹿丸/田代倫章/ ツキゾエハル/豊田雅代/中村かりん/蓮見かおり/樋口早苗/廣川 温/福島晋平/ 宮田竜司/山野辺 彩/吉澤奈保子/吉田丈



グラハム・マクアリスタ(笠間) 《塩釉ピッチャー》2018ほか


中村かりん(益子) 《ふたもの《左から象、猫、ハリネズミ》2022


小堤晶子(笠間)《ブレーメンの音楽隊ティーセット》


久保田健司(益子) 《スリップウェア・フラワー》2022



谷本景の軌跡

2022年9月2日(金)〜10月10日(月)
伊賀市ミュージアム青山讃頌舎
三重県伊賀市別府718-3
0595-52-2100



《古代から 2015》高さ47cm、25×12cm


古代から 2015》高さ61cm、57×15cm


《古代から 2015》高さ60cm、50×16cm

1948年、戦後古伊賀の復興に尽力し谷本伊賀を確立した陶芸家・谷本光生の長男として、三重・伊賀市に生まれる。70年美濃で日根野作三、加藤仁に師事し、72年伊賀三田窯で作陶を開始する。
しかし、家業の焼き物より平面作品に魅かれて73年パリのウィリアム・ヘイターのアトリエ17で銅版画を学ぶ。ところが、当地で陶芸を教える機会を得て、生まれ故郷の伊賀焼の魅力を再発見。77年帰国し三田窯を継承し、以後全国各地で父子展や個展を開催する。
本展には、70年代から今日までの伊賀焼に加え、銅版画、ドローイング、ペインティングなど、半世紀にわたって制作された代表作約50点が展示される。



《古代から 2015》高さ60cm、63×18cm


《古代から 2016》高さ60cm、54×14cm

アーカイブ

  • 2022 (29)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)