―土と炎の先へ―今井政之卒寿展 in 髙島屋京都店 2020

カテゴリー: 陶芸最前線.

十四代今泉今右衛門展―暮らしとともに―

11月26日(木)~12月06日(日)

和光ホール
東京都中央区銀座4丁目5-11 和光本館6階
03-3562-2111(代表)

左から「色絵薄墨墨はじき四季花文蓋物」、
「色絵雪花墨色墨はじき紫陽花文蓋物」、
「色絵吹墨墨はじき雪文蓋物」
いずれも高さ9.3cm、径9.5cm 


「色絵雪花墨色墨はじき果実文花瓶」高さ19cm、20.1×20.5cm

重要無形文化財「色絵磁器」保持者の十四代今泉今右衛門の、和光では6年ぶり3回目の個展。江戸期から続く色鍋島の技と品格を継承しながら、墨はじきやプラチナ彩など、独自に進化させた表現による作品は、現代の生活空間にも調和する。今展では、自宅にも飾りやすい大きさの花瓶や陶額をはじめ、食卓を豊かにする食の器や酒器など、日々の暮らしに美しく寄り添う作品のほか、格調高い大作の花瓶や鉢なども含めた約100点の展覧。



文化勲章受章記念 情熱の藝術―土と炎の先へ―今井政之卒寿展

11月25日(水)〜12月1日(火)

髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

備前 望潮 香爐」高さ11cm、径14.5cm


「白砂瓷 夜鷹 花瓶」高さ25cm、径15cm


「窯変 蘇眉 大皿」高さ12.5cm、径74cm

1930年大阪に生まれ、備前で修行し、京都で楠部彌弌に師事。65年日本陶磁協会賞、98年日本芸術院賞をそれぞれ受賞し、2003年日本芸術院会員となる。
身近な生き物や植物を華麗にまたユーモラスに捉え、面象嵌を主調とする象嵌技法と味わい深い土味との調和や窯変によってつくり出される作品で独自の境地を切り拓いた。11年に文化功労者として顕彰され、18年には文化勲章を受章し、翌年には京都市の名誉市民として表彰された。
今展では70センチを優に超える大皿や、近年精力的に取り組んでいる白砂瓷、また疎開先で日々目にした瀬戸内を原風景とした作品を中心とした力作の展観。



特別展 黒田泰蔵

2020年11月21日(土)〜2021年7月25日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

「白磁円筒」高さ7.8cm、径9cm
2016年 イセ文化基金所蔵


「白磁割台皿」高さ22.5cm、径35.6cm
2018年 イセ文化基金所蔵


「白磁壺」高さ15.1cm、径16.5cm
2019年 イセ文化基金所蔵


「白磁壺」高さ29.8cm、径12.6cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(戸田博氏寄贈)


「白磁壺」高さ26.9cm、径21.2cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(孫泰蔵氏寄贈)

黒田泰蔵は1946年兵庫・西宮に生まれ、63年兄の征太郎を頼って上京。46年パリに渡り、アルバイト先の日本レストランで益子の島岡達三に出会い、陶芸を勧められる。翌年島岡に紹介されたカナダの陶芸家のもとで働き、濱田庄司や河井寛次郎らの作品集に触れる。カナダでは自身のアトリエを設けたが、その間2度ほど帰国して島岡の工房に滞在し、濱田が所蔵する李朝の白磁に出会い、後に白磁に取り組む原点となった。
80年に帰国し、82年初個展を開催。白磁の作品を初めて発表したのが92年で、以後世界的に知られようになった静謐な白磁を追求する。作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づける。
本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに直線と円とで構成される「円筒」まで、代表作約60点を展示する。



特別展 国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅰ
工の芸術―素材・わざ・風土

2020年10月25日(日)〜2021年01月11日(月)

国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
石川県金沢市出羽町3-2
050-5541-8600(ハローダイヤル)

富本憲吉
「色絵染付菱小格子文長手箱」
1941年東京国立近代美術館蔵 
写真:森善之


板谷波山
「氷華彩磁唐花文花瓶」
1929年東京国立近代美術館蔵 
写真:エス・アンド・ティ フォト


加守田章二
「曲線彫文壺」
1970年東京国立近代美術館蔵 
写真:森善之

東京・北の丸公園にあった東京国立近代美術館工芸館が、国立工芸館として北陸の金沢に移転し、その第1回目に行われるのが本展。
日本の工芸品は、古くから花鳥風月など四季折々の自然の姿を意匠に取り入れるとともに、それ自体が自然の素材からできているという特色を持ち、全国一様ではなく多様に発展してきた。日本の近代化のなかでこうした自然や素材に工芸家がどのように向き合ってきたか、また時代とともに自然のイメージをどのように捉え直したか、あるいは土地と「もの」との関係をどのように紡いだかを探り、常に更新されていく日本の「風土」を紹介する特別展。「素材・わざ・風土」に着目した近代日本工芸の名作約130点を展示する。

国立工芸館外観 写真:太田拓実



 

アーカイブ

  • 2020 (26)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)