瀧口喜兵爾茶陶展 in 京王百貨店ギャラリー 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

チーム九谷展 -魂の自由-

10月11日(木)〜17日(水)

柿傳ギャラリー
新宿区新宿3-37-11 安与ビルB2F
03-3352-5118

九谷焼は17世紀中頃に始まり、50年ほどで突然廃窯。現在に連なる九谷焼が再び焚かれるようになったのは廃窯から100年ほど経った19世紀初頭のことになる。再興九谷焼に多大な影響を与えたのが中興の祖といわれる九谷庄三で、二代浅藏五十吉、吉田美統、三代徳田八十吉の文化勲章受章者や重要無形文化財保持者を輩出してきた。
本展は、伝統を担いながら新たな九谷焼に取り組む赤地径、佐藤亮、武腰潤、田島正仁、田畑奈央人、中田一於、中田雅巳、福島武山、見附正康、南 繁正、吉田幸央(以上50音順)による”チーム”展。

赤地径 
1972年金沢市生まれ
「透鉢」高さ10.2cm、径17.5cm


佐藤亮
1946年新潟市生まれ
「額 時雨間道」18.5×18.5cm
「額 山背」19.5×19.5cm
「額 渓声」19.5×19.5cm
「額 雨月」19×19cm


武腰潤
1948年石川・寺井町生まれ
「網干文瓢子角瓶子」高さ21.8cm、7.6×7.6cm


田島正仁
1948年石川・小松市生まれ
「釉彩鉢」高さ14.3cm、径35.2cm


田畑奈央人
1969年三重県生まれ
「インコの陶筥」高さ22cm、43.3×17.7cm


中田一於
1949年石川・小松市生まれ
「白銀釉裏銀彩悠苑」高さ4.6cm、径7.8cm


中田雅巳
1977年石川県生まれ
「SEN」各高さ9.2cm、径5.5cm


福島武山
1963年石川県立工業高校デザイン科卒
「香炉 観瀑図」高さ11cm、7.3×7.3cm


見附正康
1975年石川・加賀市生まれ
「赤絵細描羽紋茶盌」高さ9cm、径11.5cm


南繁正
1950年 石川・寺井町生まれ
「組皿 旬菜」各高さ2.5cm、径12.6cm


吉田 幸央
1960年石川・小松市生まれ
「金襴手彩色陶筥」高さ7.6cm、径9cm



瀧口喜兵爾茶陶展

2018年10月11日(木)〜17日(水)

「茜織部茶盌」高さ8.2cm、径11.5cm


「茜織部茶盌」高さ8.8cm、径11.5cm

京王百貨店ギャラリー
新宿区西新宿1-1-4
03-5321-5300

1937年東京・浅草に生まれ、59年玉川大学を卒業。61年焼き物の道を志し、大学の講師であった加藤十右衛門氏(岐阜県重要無形文化財保持者)に師事。
73年美濃焼の聖地・大萱に窯を築き、現在に至る。
地元の土をみずから調合し、手回し轆轤や型起こしによる成形を行う。それに加えられる絵付けと釉調及び両口窯による薪焼成は、美濃における桃山陶の伝統を色濃く継承する。その業績が高く評価され、2013年岐阜県伝統文化継承者顕彰を受賞。今年3月には可児市重要無形文化財保持者に認定された。加えて、京都古田織部美術館の織部賞を受賞。本展はその報告を兼ねた美濃桃山陶の神髄の披露。

「鳴海織部扇面鉢」高さ6cm、21×26.7cm


「織部南瓜花入」高さ12cm、径20.6cm


「鳴海織部手鉢」高さ17.2cm、23.6×20.6cm


「美濃伊賀水指」高さ19cm、径19.7cm


「黒茜織部水指」高さ18cm、径18.5cm


「美濃伊賀花入」高さ25.8cm、14.5×14.8cm

 



径24㎝ 没後50年記念 加藤土師萌展 色絵磁器を極めた人間国宝 その技とデザイン


「萌葱金襴手丸筥」1958年
 東京国立近代美術館蔵


「磁器瑞鳳香爐」1933 年 個人蔵 


「黄地紅彩蜂葡萄文角皿」1954年 
岐阜県現代陶芸美術館蔵

9月8日(土)〜11月4日(日)

岐阜県現代陶芸美術館
多治見市東町4-2-5
0572-28-3100

1900年愛知県瀬戸に生まれ、地元で陶芸の図案を学ぶ。多治見の岐阜県陶磁器試験場に勤務し、40年に独立して横浜の日吉に窯を築く。
51年頃、中国の明時代・嘉靖年間の景徳鎮窯でつくられていた、器面全体に黄地を施した上から赤で文様を彩色するに黄地紅彩に成功。55年には東京芸術大学教授となって教鞭を執るかたわら、中国の明代の景徳鎮窯で最も発達した、白磁に緑釉を施して焼成したあとに金箔を文様の形に切って焼き付ける萌葱金襴手に到達。中国色絵磁器のなかでも最も難しいとされた両技法を現代に甦らせた加藤は、61年色絵磁器で重要無形文化財保持者に認定され、晩年は皇居新宮殿におさめる萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺の制作に没頭した。
本展は加藤土師萌の没後50年を記念したもので、岐阜県陶磁器試験場で制作された初期作品をはじめ、横浜時代に手掛けられた多彩な技法による作品、海外を訪れた際の街並みや陶磁器を描いたスケッチなどによって、幅広い創作活動を紹介する。



特別展 高麗青磁―ヒスイのきらめき


「青磁透彫 唐草文 箱」高さ11.8cm 高麗時代(12世紀) 東京国立博物館所蔵 Image : TNM Image Archives


「青磁陽刻蓮唐草文浄瓶」(重要文化財)高さ36.5cm 高麗時代(12世紀) 根津美術館所蔵


「青磁陽刻龍波濤文九龍浄瓶」(重要文化財)高さ33.5cm 高麗時代(12世紀) 大和文華館所蔵 撮影・六田知弘

2018年9月1日(土)〜11月25日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

翡翠のような美しい釉色の高麗青磁は、高麗王朝(918-1392)の滅亡とともに姿を消した「幻のやきもの」。高麗王朝の滅亡から約500 年を経た19世紀末から20世紀初頭にかけて、高麗の王陵をはじめとする墳墓や遺跡などが掘り起こされて再び世に現れた。
高麗王朝では仏教が国教となったたが、同時に道教も盛んであった。一方、中国から喫茶や飲酒文化が伝えられ、王室や貴族、寺院で大いに流行した。こうして祈りの場や儀礼、喫茶具や飲酒具などに用いられるものとして高麗青磁が誕生し、独自の発展を遂げた。唐、五代の越窯青磁や北宋の汝窯青磁に類するとされる透明感のある艶やかな釉の翡色、そしてとりわけ精緻な象嵌技法を特徴とする高麗青磁の美しさは、中国においても高い評価を受けた。
同展は、高麗王朝建国1100周年にあたる平成30年、同館の所蔵品を中心に、国内の代表作も加わえた高麗青磁の至玉の名品約250件が一堂に会し、「祈り」と「喫茶文化」、「飲酒文化」を切り口に高麗青磁の新たな魅力を紹介するもの。東洋陶磁美術館としては、約30年ぶりに満を持して開催する高麗青磁の一大特別展となる。

アーカイブ

  • 2018 (30)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)