黒田泰藏展 in しぶや 黒田陶苑 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

中里隆となかまたち

2月14日(水)〜3月5日(月)

新宿髙島屋 10階美術画廊
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
03-5361-1111

伝統的な唐津焼の家系に生まれた中里隆氏は、唐津を始め国内外のさまざまな土地で作陶を重ねている。本展は同氏とともに、種子島や岐阜、そしてアメリカやデンマークなど世界中を回って作品を続ける若手作家4名を交えてのグループ展。
今回のテーマは「食」。日頃からみずから料理し、同じ食卓を囲むことも多い5人の作家による食卓を彩る器たちの展覧。
<出品作家>
○中里 隆
  1937年 唐津・十二代中里太郎右衛門(無庵)の五男として生まれる
 1967年 アメリカ、欧州、中近東、東南アジア、韓国などを一年間旅行
 1971年 種子島に築窯し種子島焼を始める
 1974年 種子島を引揚げ、唐津に隆太窯を築く
○野口悦士
 1975年 埼玉県生まれ
 1999年 陶芸を志し、種子島に渡る
 2006年 中里隆氏に師事
 2008年 スイッチバックキルン築窯
 2011年 米・北アリゾナ州立大学にスイッチバックキルン築窯
 2013年 滋賀県立陶芸の森にスイッチバックキルン築窯
○古谷 宣幸
 1984年 信楽に生まれる
 2005年 京都嵯峨芸術大学短期大学部陶芸コース卒業
 2007年 中里隆氏に師事
      滋賀県立陶芸の森レジデンスアーティスト
 2015年 アメリカ・コロラド州アンダーソンランチアートセンター ゲストアーティスト
○古谷朱里 
 1974年 奈良県に生まれる
 2005年 京都嵯峨芸術大学短期大学部陶芸コース卒業
 2007年 滋賀県立陶芸の森レジデンスアーティスト
○永井文子
  東京に生まれ、国内外の各地で食器を中心に作陶
2009年 中里隆の「チームたかし」に参加し、蹴轆轤と牛ベラを習得
2012年 滋賀県立陶芸の森でスタジオ・アーティストとして滞在研修



白磁 黒田泰藏展

「白磁花入」高さ23.9〜26.3cm、径5.6cm



2月9日(金)〜20日(火)

しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

1946年滋賀県に生まれる。67年カナダの陶芸家ゲータン・ボーダン氏の許で焼き物を始め、さらに前年のパリ滞在中に知古を得た、後に人間国宝となる島岡達三氏の工房で研鑽を重ねる。78年カナダ・ケベック州セイント・ガブリエルに築窯。81年に帰国して伊豆に築窯し、91年から白磁を始め、以後それをテーマにしてきた。
轆轤目が見えるが無駄なものが一切ないシンプルなフォルムと、風に呼応するかのように揺らぐ口縁による白一色の白磁は、海外でも高く評価されており、東京国立近代美術館に加え、アメリカやイギリスの美術館などに作品が所蔵されている。 
白磁の新境地を切り拓く黒田氏の新作数十点が展示される。
*ホーム掲載作品:「白磁花入」高さ44.9cm、径23.5cm



多治見市意匠研究所修了生 X年後展vol.2

2月9日(金)〜3月11日(日)

市之倉さかづき美術館
岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
0572-24-5911

松永圭太


永草陽平


三浦ナオコ

多治見市陶磁器意匠研究所の卒業制作展にあわせた、修了X年後の作家による展覧会。毎年開催されており、今回は、修了してから4年経った第54期生の3名。
松永圭太氏は型を用いているものの掌で有機的な形に熟成させ、赤漆で仕上げる。永草陽平氏は、凛としたフォルムに東雲の空のような清々しい釉調。三浦ナオコ氏は古陶磁のような懐の深さを感じさせる形状に幅のある「白」の表現。
酒器、茶器、花入など、個性が光る三者三様の陶芸が展開される。なお、3作家の在廊日は2月10(土) 。



開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展
唐代 胡人俑-シルクロードを駆けた夢-

12月16日(土)〜03月25日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

「加彩胡人俑」高さ50cm


「加彩胡人牽駝俑」高さ77cm(駱駝)


「加彩胡人俑」高さ48cm


「加彩胡人俑」高さ47cm

中国史上かつてないほど繁栄した唐時代(618-907)の都・長安には、世界各地からさまざまな民族や文物が集結した。とりわけシルクロードから流入した西方文化は、唐に大きな影響を与え、それが日本の正倉院の宝物にもつながっている。
シルクロードの交易で主要な役割を果たしたのが、「胡人」と呼ばれた中央アジアを拠点としたソグド人をはじめとする異民族。その影響は甚大で、当時の墓にエキゾチックな風貌をした陶製人形としてしばしば副葬された。
2001年、甘粛省慶城県で、唐の游撃将軍・穆泰(ぼくたい)の墓が発見され、その中から鮮やかな彩色による極めて写実的な造形の胡人俑が出土した。
本展は、胡人の姿が生き生きと表現された唐代胡人俑の最高傑作と言われる中国・甘粛省の慶城県博物館が所蔵する約60点を展示するもので、シルクロードを駆け巡った胡人たちの息吹を感じさせるものとなっている。
*ホーム掲載作品:「加彩胡人俑」高さ54cm
掲載作品はすべて甘粛省慶城県唐開元18(730)年の穆泰墓から出土したもので、現在慶城県博物館蔵。

アーカイブ

  • 2018 (5)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)