細川護光陶展 in 柿傳ギャラリー 2017

カテゴリー: 陶芸最前線.

備前 原田拾六陶展

(左から)「徳利 火襷」高さ10.7cm、径10.1cm 
「乱張 徳利」高さ16.4cm、径9.6cm 
「ぐい呑 青」高さ5cm、径9.4cm



12月7日(木)〜16日(土)

赤坂游ギャラリー
千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂2F
03-3595-7111

1941年備前に生まれ、大学卒業後会社勤めを経て69年から作陶。古備前研究家・桂又三郎とともに古窯跡を巡り、桃山古備前の研究した鬼才。滋味深いねっとりとした土を選び、手でよって小石を一つ一つ取り除く。これを数年間寝かしてから成形。土味を生かすためにひもづくりを基本する。
窖窯や登窯で焼成するが、登窯では450時間前後焼成し、独自の備前を追求。2000年には日本陶磁協会賞を受賞し、ニューヨーク・メトロポリタン美術館やニューオリンズ・ミュージアムアートに収蔵されるなど、国際的にも高い評価を受けている。
東京では5年ぶりの個展となり、花入、壺、茶碗、水指、鉢、皿、片口、徳利、ぐい呑み など計35点の展覧。
*ホーム掲載作品:「葉皿」高さ7cm、37.6×17.1cm



瀧田項一の歩み 作陶70年のかたち

「白磁大壺」高さ29.5cm、径31.2cm



10月8日(日)〜2018年1月14日(日)

益子陶芸美術館
栃木県芳賀郡益子町大字益子3021 
0285-72-7555

卒寿を迎えた瀧田項一は、1927年栃木県烏山町に生まれ。東京美術学校工芸科で富本憲吉の指導を受け、卒業後益子の濱田庄司の工房に3年間在籍。49年には福島県会津で独立し、日本民藝館で出合った李朝白磁に始まり、中国、朝鮮半島から西アジアまでの各地の工芸に触れてきた。
84年には生まれ故郷に戻り、造形と文様を深化させてきたが、本展では初期の会津時代から烏山時代までのおよそ70年にわたる陶業の精華を、厳選された個人コレクションを中心とした約60点で披露。また今回は特に、動植物を主題にした色絵の代表的な文様に焦点を当てるとともに、ライフワークである白磁の釉調とフォルムの展開も見つめる。益子陶芸美術館で10年ぶりの展覧。
*ホーム掲載作品:「染付双禽文金彩更紗大皿」高さ6.6cm、径35c 益子陶芸美術館

 

アーカイブ

  • 2017 (42)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)