波多野善蔵・英生 父子展 in 三越日本橋本店 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

陶50周年・20周年 萩  波多野善蔵・英生 父子展


波多野善蔵
「萩茶盌」高さ9.3cm、径14.9cm

 

2018年
2月7日(水)〜13日(火) 

三越日本橋本店 美術画廊
中央区日本橋室町1-4-1
03-3274-8472


波多野英生
「萩掛分花入~塑~」高さ26.8cm、径23.4cm


波多野善蔵氏は1942年唐津生まれ。唐津と有田で修業し、萩焼の窯元・指月窯に。萩焼の茶碗とともに制作するのが井戸茶碗で、蹴轆轤で挽き上げる。独自の方法で化粧掛けと釉掛けを施し、一週間かけて窯詰めをするが、世に出るのは一割程度。
波多野英生氏は1971年生まれで、多摩美術大学彫刻科卒業。2004年に日本工芸会正会員となり、日本工芸会山口支部新作展で日本工芸会山口支部長賞、下関大丸賞、山口朝日放送賞、九州山口工芸展で日本経済新聞社賞を受賞。
ともに、萩の温かさや飾らない素朴さを基調にし、茶碗、水指、花器などの新作を発表する。

 

アーカイブ

  • 2019 (5)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)