多治見市意匠研究所修了生 X年後展vol.2 in 市之倉さかづき美術館 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

多治見市意匠研究所修了生 X年後展vol.2

2018年 2月9日(金)〜3月11日(日)

市之倉さかづき美術館
岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
0572-24-5911

松永圭太


永草陽平


三浦ナオコ

多治見市陶磁器意匠研究所の卒業制作展にあわせた、修了X年後の作家による展覧会。毎年開催されており、今回は、修了してから4年経った第54期生の3名。
松永圭太氏は型を用いているものの掌で有機的な形に熟成させ、赤漆で仕上げる。永草陽平氏は、凛としたフォルムに東雲の空のような清々しい釉調。三浦ナオコ氏は古陶磁のような懐の深さを感じさせる形状に幅のある「白」の表現。
酒器、茶器、花入など、個性が光る三者三様の陶芸が展開される。なお、3作家の在廊日は2月10(土) 。

 

アーカイブ

  • 2020 (9)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)