福島善三陶展 in 三越日本橋本店 2021

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

重要無形文化財保持者 福島善三陶展

2021年10月27日(水)〜11月01日(月)
三越日本橋本店 美術画廊
中央区日本橋室町1-4-1
03-3274-8472

《中野月白瓷鎬壺》高さ25.5cm 径36.6cm 


《中野青瓷蝶鉢》高さ16cm 34×27.8cm


《中野月白瓷掛分鉢》高さ9cm 径40.3cm

1959年江戸期に始まる小石原焼の窯元「ちがいわ」の16代目として、福岡県東峰村に生まれる。99年第15回日本陶芸展大賞桂宮賜杯、2001年第8回福岡県文化賞、03年第50回日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞、04年第14回MOA岡田茂吉賞展優秀賞などを受賞し、17年重要無形文化財保持者に認定される。
大学を卒業して家業に就き、小石原の陶土や釉薬などの原材料を徹底的に研究。さらに伝統的な飛び鉋や刷毛目などの技法に創意を凝らし、淡い青色や緑色で柔らかな印象の「中野月白瓷」など、これまでの小石原焼にはなかった新しい作品を発表している。
4年ぶりとなる本展は、ますます進化する小石原焼の展覧となっている。



企画展 受贈記念 柳原睦夫花喰ノ器

2021年8月11日(水)~2022年2月06日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

《キ・オリベ花喰笑口瓶》
1992年 高さ86cm 35×43cm
大阪市立東洋陶磁美術館蔵(杉田一弥寄贈)


《縄文式弥生形壺》
2002年 高さ52cm 50×41cm
大阪市立東洋陶磁美術館蔵(杉山道夫寄贈)


《流水文笑口壺》
1986年 高さ51.5cm 46.8×26.8cm
個人蔵 撮影・麥生田兵吾(以上同)

 1934年高知に生まれ、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)工芸科陶磁器専攻で、富本憲吉、近藤悠三、藤本能道に学ぶ。その後、アメリカのワシントン大学やアルフレッド大学に招聘され、1960年代から70年代にかけて数度アメリカに渡り約5年間過ごす。抽象表現主義やポップアートに代表されるアメリカ美術の動向を現地で体感し、66年には金銀彩に手を染め、帰国後に鮮烈な金銀彩を用いた独特の造形作品を発表し注目を集める。86年頃から「オリベ」シリーズを発表し、88年京都市芸術功労賞を受賞。2000年に京都府文化賞功労賞を受賞するとともに、「縄文式弥生形」シリーズを開始。03年日本陶磁協会賞金賞を受賞し、20年京都府文化賞特別功労賞を受賞し、現在に至る。
本展は柳原睦夫作品4点の受贈を記念し、個人蔵を加えた柳原作品41点とともに、柳原の作品に華道家・杉田一弥が花を活けた写真作品16点を併せて展示することで、作家がテーマとしてきたやきものの作品性を改めて見直す。

 

アーカイブ

  • 2022 (28)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)