黒田泰藏展 in しぶや 黒田陶苑 2018

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

白磁 黒田泰藏展

「白磁花入」高さ23.9〜26.3cm、径5.6cm



2018年 2月9日(金)〜20日(火)

しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

1946年滋賀県に生まれる。67年カナダの陶芸家ゲータン・ボーダン氏の許で焼き物を始め、さらに前年のパリ滞在中に知古を得た、後に人間国宝となる島岡達三氏の工房で研鑽を重ねる。78年カナダ・ケベック州セイント・ガブリエルに築窯。81年に帰国して伊豆に築窯し、91年から白磁を始め、以後それをテーマにしてきた。
轆轤目が見えるが無駄なものが一切ないシンプルなフォルムと、風に呼応するかのように揺らぐ口縁による白一色の白磁は、海外でも高く評価されており、東京国立近代美術館に加え、アメリカやイギリスの美術館などに作品が所蔵されている。 
白磁の新境地を切り拓く黒田氏の新作数十点が展示される。

 

アーカイブ

  • 2018 (35)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)