西村俊彦作陶展 in クラフトやまに 2021

カテゴリー: 陶芸最前線.

西村俊彦作陶展 季節を愉しむ器づかい

2021年7月1日(木)〜31日(土)

クラフトやまに
栃木県芳賀郡益子町城内坂89
0285-72-8200

1957年山形県酒田市生まれ。日本一周サイクリングの途中に四国で出会った砥部焼に魅了され、78年大学を中退して益子町塚本製陶所の研究生となる。
83年に独立して窯を築き、粉引の日常雑器を制作。製陶所の先達・加守田章二の影響を受けながら、益子の天然素材を生かした独自の線文彩を92年から発表し現在に至る。
今展は、氏の代表作である線文彩に、3〜4年前から取り組んでいる黒プラチナシリーズを加えたもので、季節の食材などや花々を引き立たせる約400点の展覧。

《象嵌加彩壺》高さ32cm 径31cm


プラチナ彩フリーカップ(赤)》
高さ12.5cm 径9cm
《プラチナ彩フリーカップ(黒)》
高さ13.5cm 径8.5cm
《プラチナ彩カップ&ソーサー(赤)(黒)》
高さ8cm 径9cm(カップ)、
高さ3cm 径14cm(ソーサー)


《金彩壺》高さ26cm 径19.5cm

 
 

 

アーカイブ

  • 2022 (16)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)