十三代三輪休雪作品展 in しぶや 黒田陶苑 2022

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

十三代三輪休雪作品展

2022年10月7日(金)〜16日(日)
しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

1951年山口・萩に生まれ、75年アメリカに留学。2007年日本陶磁協会賞金賞を受賞し、19年十三代三輪休雪を襲名する。
「エル・キャピタン」は、アメリカ・ヨセミテ渓谷にそそり立つ花崗岩で、谷底から約1,000mの高さがあり、一枚岩としては世界一。その毅然とした圧倒的な美しさに感動して創作された連作で、17年に当苑で発表された。
一方「淵」と「寧」には、奈良薬師寺東塔(国宝)の基礎から掘り出された基壇土が使われている。原土に含まれる無数の砂利を手作業で取り分けた鉄分の多い土で、見島土と同様、白萩釉が冴える。三輪家の白萩釉は、十代休雪(休和)が黒く焼いた藁を台柄臼で搗いて微粉にするなど試行錯誤を重ね、十一代(壽雪)が大成し、白色が際立つ「休雪白」と呼ばれる。十三代も伝来の魅力を活かし、独自の造形に用いている。



《エル・キャピタン/El Capitan》
高さ14cm、13.4×12.6cm


《雪嶺/Setsurei》
高さ24.1cm、20.7×20.7cm


《エル・キャピタン/El Capitan》
高さ12.2cm、15.5×15cm


《寧/Nei》高さ10.3cm、19.3×18.6cm


《立/Ritsu》高さ35cm、17.6×16.1cm


《淵淵/En-en》高さ10.7cm、径15cm

 

アーカイブ

  • 2023 (3)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)