割竹式窖窯

by & filed under 有田築炉のしごと.

割竹式窖窯

全長4.5m、幅1.5m。炉床の幅は70cmで、ロストルのある1段目の奥行きが1.5m、レンガ1つ高くした2段目の奥行きが50cm、さらにレンガ2つ高くした3段目の奥行きは60cm






炉床の土を階段状にならす


掘削機でロストルの溝をほる


底を締めながら平らにする


窯の前面とロストルにレンガを1段敷く


窯の前面にレンガを4段積み重ねる


ロストルの周囲にもレンガを4段積み重ねる


レンガが寄らないように木をあてがう


ロストルの周囲を平らにする


窯の前面とロストル及びその周囲にレンガを1段敷く


さらにもう1段敷く


2段目、3段目の地面を平らにする


2段目と3段目にレンガを敷く


炉床の完成


割竹形の窯の型を準備する


焚き口の上に型を2枚すえ、垂木で固定する


型に沿って焚き口の上にレンガを積む


窯の前、中、後にも型をすえ、垂木で固定する 


後の炉壁の下に細い排気孔を6本つくる


排気孔のレンガを3段積み、上から塞ぐ


後の炉壁のレンガをさらに積み上げる


割竹形に積み上げた奥の炉壁、排気孔、捨間、煙道の入口


捨間と煙道のレンガを積み上げる


側面の壁を積み上げる


天井は最後に積む


炉壁完成


煙道をレンガで囲う


傾斜を利用した煙道の底をセメントで整える 


煙道の上を塞ぐ


煙道の根本にエアダンバーを付ける


煙道をレンガでおおい、二重にする


煙道の出口の上をレンガでおおう


捨間の周囲にレンガを積む


腰の上まで大きめの石を積み、その上部に土を塗って完成