第25回日本陶芸展 2019

カテゴリー: 公募展発表.

第25回日本陶芸展

大賞・桂宮賜杯


五味謙二「shi-tou『シサ』」(第2部)

1971 年に創設された日本陶芸展は、今回の第25 回展で約半世紀を迎えた。「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」の理念のもと、第1部の伝統、第2部の自由造形、第3部の生活の器の3部門と、現代陶芸界の巨匠や気鋭の中堅・若手作家らに制作を依頼する招待部門で構成されている。審査員は大学教授、評論家らの学識経験者主体で構成されており、掲載のとおりに賞が決定した。

<審査員(敬称略)
第1部(伝統 ) 榎本徹  唐澤昌宏  竹内順一  出川哲朗  中ノ堂一信
第2部(自由造形) 石﨑泰之  正村美里  高橋秀治  武田厚  外舘和子
第3部(生活の器) 金子賢治  杉山享司  広瀬一郎  深澤直人  松本武明

なお同展は次のとおりに巡回する。
○東京展 大丸東京店:2019328日〜42
○大阪展 大丸心斎橋店:2019 年4月10~15日:
○茨城展 茨城県陶芸美術館:2019 4 27~77
○九州展 西日本総合展示場 :2019 9 19日〜23


<ギャラリートーク>
●大丸東京店
3月28日(木)午後2時~ 竹内順一(東京藝術大学名誉教授)
3月30日(土)午後2時~ 外舘和子(多摩美術大学教授)
3月31日(日)午後2時~  武田厚(美術評論家 多摩美術大学客員教授)
4月1日(月) 午後2時~  松本武明(工芸ギャラリーうつわノート店主)
4月2日(火)午前11時~ 金子賢治)茨城県陶芸美術館館長)
●大丸心斎橋店
4月10日(水)午後2時~ 出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館長)
※ともに時間は30分程度で変更・中止になる場合がある。



準大賞・日本陶芸展賞 優秀作品賞・文部科学大臣賞 優秀作品賞・毎日新聞社賞

田島正仁「彩釉鉢」(第1部)


アイザワ リエ「鱗」(第2部)


鈴木健「志野花器」(第1部)

優秀作品賞・毎日新聞社賞
特別賞・茨城県陶芸美術館賞
特別賞・U35

田中陽子「透磁浅角鉢」(第3部)


高橋朋子「minamo 水澄む朝(あした)宵さりの水」(第3部)


木野智史「颪(廻)」(第2部)