鈴木藏の志野 in 智美術館 2021

カテゴリー: 陶芸最前線.

女流陶芸家の草分け 󠄀辻󠄀 󠄀輝子展

2021年2月5日(金)~3月28日(日)

パラミタミュージアム
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
059-391-1088

《しゃが万華鏡》高さ14.2cm 口径4.6cm


《草花紋大壺》高さ49cm 径37cm


《さるとりいばら水指》
高さ16.5cm 径15cm


《椿香合》高さ2.5cm 径7.2cm


《美男かずら鉢》高さ11cm 27.5×25.5cm


《椿香合》高さ3cm 5.4×5.4cm

1920(大正9)年東京・日本橋に生まれ、38年に大森光彦・富本憲吉に陶芸を師事。41年東京府現代工芸美術展で特賞、国画会で特選を受賞し、東京・世田谷区若林に窯を築く。翌年にも東京府現代工芸美術展で特賞を受賞し、女流美術展にも出品。
54年北大路魯山人と交流を始め、55年には硬質陶器製法の特許を申請し、翌年許可される。70年伊東・宇佐美に孔雀窯を築き、78年には東宮御所にて陶芸展を開催。94年伊豆高原に「辻󠄀輝子 陶の華美術館」を開き、2017年女流陶芸家の草分けとして活躍した生涯を閉じた。
身近な花や虫など小さな生命に慈愛の目をそそぐその繊細な表現は国内外で高い評価を受けており、当館では茶碗、香合などの茶道具から陶製アクセサリーまで約400点に及ぶ作品を収蔵し、国内随一の規模を誇っている。今回の作品展には上皇后陛下美智子さまより当館にご寄贈のあった作品も展示される予定。なお、陶芸家・辻清明は辻󠄀輝子の実弟で、同じく辻󠄀厚成氏はそのご子息。



鈴木藏の志野  造化にしたがひて、四時を友とす

2020年12月12日(土)〜2021年3月21日(日)

菊池寛実記念 智美術館
港区虎ノ門4-1-35 西久保ビル
03-5733-5131

《志野茶碗》高さ12.8cm 13.2×12.2cm 2017年


《志野茶碗》高さ9.7cm 13×12.3cm 2019年


《志野茶碗》高さ9.9cm 13.2×13cm 2019年

1934年岐阜県土岐に生まれ、53年高校の窯業科を卒業後丸幸陶苑に入社。同社研究室に勤務する父親の助手として働くかたわら、志野の陶片を蒐集した。志野は岐阜県の東濃地方で桃山から江戸時代初期にかけて焼かれたやきもので、茶陶や食器などが確認されているが、焼かれたのは20年余りと短かく幻のやきものと言われてきた。昭和初期に陶芸家などによって復興されたが、鈴木氏が窯跡を回り始めた頃はほとんど掘り尽くされており、釉が熔け切れていない生焼けの陶片しか残っていなかった。しかしそれを試作したガス窯で焼いたところ、いい緋色が出ることが判明。当時は登窯でしか焼けないと考えられていた志野をガス窯でも焼くことができることを確信し、以来ガス窯で焼く志野が鈴木氏のライフワークとなった。
66年に丸幸陶苑を退社した鈴木氏は、翌年に最初のガス窯を築き、90年には多治見・虎渓山に巨大なガス窯を築き現在に至っている。桃山期の志野の美しさを見すえながら、独自の改良を加えたガス窯による焼成や釉薬試験を重ねてつくられる鈴木志野は、多彩な装飾表現と釉調の豊かさ、量感に富んだ形の強さを特徴とし、独特の存在感を放つ。現代作家ならではの技術と創造性により、94年には「志野」の重要無形文化財保持者に認定された。
松尾芭蕉の「笈(おい)の小文」より取られた本展の副題は、不易流行を目指した鈴木氏の作陶姿勢を示したもので、未発表作の志野茶碗に加え、花生、香炉、大型作品など約60点の展覧。期間中、展示替えも予定されている。

《志野茶碗》高さ12.5cm 13×13cm 2017年


《志野香炉》高さ29.5cm 21×20.8cm 2017年


《志野茶碗》高さ8.7cm 13.5×12.7cm 2019年



特別展 黒田泰蔵

2020年11月21日(土)〜2021年7月25日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

《白磁円筒》高さ7.8cm 径9cm
イセ文化基金所蔵
Photograph by T. MINAMOTO
(以下同) 


《白磁割台皿》高さ22.5cm 径35.6cm
2018年 イセ文化基金所蔵


《白磁壺》高さ15.1cm 径16.5cm
2019年 イセ文化基金所蔵


《白磁壺》高さ29.8cm 径12.6cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(戸田博氏寄贈)


《白磁壺》高さ26.9cm 径21.2cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(孫泰蔵氏寄贈)

黒田泰蔵は1946年兵庫・西宮に生まれ、63年兄の征太郎を頼って上京。46年パリに渡り、アルバイト先の日本レストランで益子の島岡達三に出会い、陶芸を勧められる。翌年島岡に紹介されたカナダの陶芸家のもとで働き、濱田庄司や河井寛次郎らの作品集に触れる。カナダでは自身のアトリエを設けたが、その間2度ほど帰国して島岡の工房に滞在し、濱田が所蔵する李朝の白磁に出会い、後に白磁に取り組む原点となった。
80年に帰国し、82年初個展を開催。白磁の作品を初めて発表したのが92年で、以後世界的に知られようになった静謐な白磁を追求する。作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づける。
本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに直線と円とで構成される「円筒」まで、代表作約60点を展示する。

アーカイブ

  • 2021 (6)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)