特別展「加守田章二 天極をさす」 in 益子陶芸美術館 2021

カテゴリー: 陶芸最前線.

伊勢﨑晃一朗展

2021年4月22日(木)〜28日(水)

柿傳ギャラリー
新宿区新宿3-37-11 安与ビルB2F
03-3352-5118

《白茶盌》高さ10.2cm 径13.8cm


《白茶盌》高さ8cm 径16.2cm

1974年、備前焼の人間国宝・伊勢﨑淳の長男として、岡山県備前市伊部に生まれる。東京造形大学で佐藤忠良や舟越桂らに木彫刻を学び、98年ニューヨーク在住の陶芸家ジェフ・シャビロ氏に師事。2000年に帰国し、父親に師事。
09・12・16年田部美術館茶の湯の造形展で奨励賞、10年日本伝統工芸中国支部展で日本工芸会賞、14年福武文化奨励賞などを受賞。
独自の造形による茶道具、うつわ、花器などを制作しており、備前焼の伝統と現代性を表現する担い手の一人として注目されている。本展は最新作の茶碗や花入など約60点の発表。



重要無形文化財小石原焼保持者 人間国宝 福島善三展

2021年4月21日(水)〜27日(火)
髙島屋大阪店美術画廊
大阪市中央区難波5-1-5
06-6631-6382

2021年5月12日(水)〜18日(火)
髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

《中野月白瓷香炉》
高さ10.7cm 径15cm


《中野月白瓷壺》
高さ22.5cm 径30cm


《中野月白瓷四方鉢》
高さ7.3cm 径24.5cm

350年の歴史を持つ小石原焼の窯元・ちがいわ窯の16代目として、1959年福岡県朝倉郡小石原に生まれる。92年日本工芸会正会員となり、94年九州山口陶磁器展準大賞、99年日本陶芸展大賞桂宮賜杯、2003年西日本陶芸美術展大賞、同年日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞、04年MOA岡田茂吉賞展優秀賞などを受賞し、17年57歳で福岡県の陶芸家としては初の重要無形文化財保持者の認定を受ける。
陶芸の里・小石原の地で脈々と受け継がれてきた伝統を重んじながらも、小石原の原料を使い、これまでになかった、その土地ならではの作品を創り出している。さらに、伝統的な技法に加えた緻密かつ独創的な作風で高い評価を受けている。
今展は、青みがかった乳白色が美しい代表作「中野月白瓷」や、独自の鉄釉や中野飴釉の鉢に加え、壺、茶碗、香炉、水指、酒器、コーヒーカップなどの展覧。



特別展「加守田章二 天極をさす

2021年3月7日(日)〜5月30日(日)

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子
栃木県芳賀郡益子町大字益子3021
0285-72-7555

《壺》1967年 高さ31cm 径20.5cm
益子陶芸美術館蔵


《彩陶壺》1971年 高さ20.2cm 径20.5cm


《曲線彫文扁筒》1970年 高さ42.3cm
22×20.1cm 京都国立近代美術館蔵


《彩陶長方皿》1971年 高さ12.7cm 80.5×30.5cm 岩手県立美術館蔵


《壺》1973年 高さ33cm 22.5×15.7cm
京都国立近代美術館蔵


《彩色壺》1972年 高さ21cm 21×17cm
京都国立近代美術館蔵


《壺》1980年 高さ42.6cm 23.5×14.5cm
岐阜県現代陶芸美術館蔵

1933年大阪・岸和田に生まれた加守田章二は、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)で富本憲吉らに陶芸を学び、59年栃木・益子町で独立。同地で灰釉と鉄釉に挑み、67年に陶芸家としては初にして唯一となる高村光太郎賞を受賞した。69年には岩手・遠野に移り、翌年代表作となる「曲線彫文」シリーズを発表し、70年代以降は色彩と模様と造形が一体化した作風を展開する。晩年は東京・東久留米にも工房を構え、精力的に作品を発表し、国内外の陶芸愛好家を魅了している。
本展は、国内有数の加守田章二コレクションの中から、初期から晩年まで厳選した約130点の展覧。当館では約20年ぶりの回顧展となるが、今回は特に作家として飛躍する益子時代(1960 年代)から遠野時代前期(1970 年代前半)にかけての作品に焦点を当てている。なお本展の副題は、詩人・高村光太郎が同賞の賞牌の原型に刻んだ詩句「いくら廻されても針は天極をさす」の一節に由来する。



特別展 黒田泰蔵

2020年11月21日(土)〜2021年7月25日(日)

大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

《白磁円筒》高さ7.8cm 径9cm
イセ文化基金所蔵
Photograph by T. MINAMOTO
(以下同) 


《白磁割台皿》高さ22.5cm 径35.6cm
2018年 イセ文化基金所蔵


《白磁壺》高さ15.1cm 径16.5cm
2019年 イセ文化基金所蔵


《白磁壺》高さ29.8cm 径12.6cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(戸田博氏寄贈)


《白磁壺》高さ26.9cm 径21.2cm
2019年 大阪市立東洋陶磁美術館所蔵
(孫泰蔵氏寄贈)

黒田泰蔵は1946年兵庫・西宮に生まれ、63年兄の征太郎を頼って上京。46年パリに渡り、アルバイト先の日本レストランで益子の島岡達三に出会い、陶芸を勧められる。翌年島岡に紹介されたカナダの陶芸家のもとで働き、濱田庄司や河井寛次郎らの作品集に触れる。カナダでは自身のアトリエを設けたが、その間2度ほど帰国して島岡の工房に滞在し、濱田が所蔵する李朝の白磁に出会い、後に白磁に取り組む原点となった。
80年に帰国し、82年初個展を開催。白磁の作品を初めて発表したのが92年で、以後世界的に知られようになった静謐な白磁を追求する。作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づける。
本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに直線と円とで構成される「円筒」まで、代表作約60点を展示する。

アーカイブ

  • 2021 (12)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)