青瓷 浦口雅行展 in 京王百貨店 2020

カテゴリー: 陶芸最前線.

 

青瓷 浦口雅行展 2020

2020年3月26日(木)〜4月1日(水)
京王百貨店ギャラリー
新宿区西新宿1-1-4
03-5321-5300

「青瓷刻彫銀彩香爐」高さ11.4cm、径15cm


「青瓷三弁花鉢」高さ17.9cm、径38.5cm


「青瓷刻彫銀彩皿」高さ2.5cm、43.3×43.3cm

1964年東京生まれ。87年東京藝術大学美術学部工芸科を卒業し、89年同大学院三浦小平二研究室修了。91年栃木・芳賀町に築窯し、93年朝日陶芸展新人賞を受賞。96年中国の南宋官窯や龍泉窯などの窯跡を調査。2002年茨城県芸術祭美術展覧会特賞を受賞し、20年 茨城県石岡市新庁舎に青磁では世界最大級の陶壁「常世の国の太陽」を制作した。
藝大で陶芸に出会ってから一貫して青磁に取り組み、青白磁から龍泉窯風青磁、官窯青磁、青瓷黒晶ほかを独自に開発した青磁釉で展開。近年は、青磁と相性のいい銀彩を施した作品も制作し、青磁の境地を深めている。また、酒器、茶器、花器などに加え、青銅器を彷彿とさせる香炉や巨大な鼎などを制作するなど、造形的にも従来の青磁にはない作品にも挑む。
作者が同店で個展を開催したのは28年前。それを皮切りに全国の百貨店で個展を開催するようになったが、12年ぶりの今展は、青磁銀彩をはじめ、青磁黒晶、窯変米瓷、鴬瓷、海松瓷黒燿砕、牙晶瓷など、「浦口青瓷」80余点の展覧となる。

陶壁「常世の国の太陽」



 

 

 

 



新里明士展~光器を中心に~

2020年4月1日(水)〜7日(火)
髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

2020年4月22日(水)〜28日(火)
ジェイアール名古屋髙島屋美術画廊
名古屋市中村区名駅1-1-4
052-566-1101

2020年5月6日(水)〜12日(火)
横浜髙島屋美術画廊
横浜市西区南幸1-6-31
045-311-5111

「光器」高さ15.5cm、22.8×19.8cm



1977年千葉県に生まれ、2001年多治見市陶磁器意匠研究所を修了。透かし彫りした磁土に透明釉を掛けて焼成する蛍手を独自に進化させ、作品自体が発光するかのような神秘的な白磁の「光器」を制作。08年パラミタ陶芸展大賞展大賞、2014年MOA美術館岡田茂吉賞新人賞をそれぞれ受賞し、有望作家を数多く輩出し全国的に注目を集める岐阜・多治見の「意匠研」を代表する作家の一人。美しい光の結晶体は用と美の境界線を超え、自立した作品そのものとして存在する。
髙島屋グループでの個展は今回が2回目で、代表作である「光器」を中心にイタリアや信楽で制作した茶碗などの発表。



和田 的 陶展

2020年4月8日(水)〜14日(火)
髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

2020年5月13日(水)〜19日(火)
髙島屋大阪店美術画廊
大阪市中央区難波5-1-5
06-6631-6382

2020年6月3日(水)〜9日(火)
横浜髙島屋美術画廊
横浜市西区南幸1-6-31
045-311-5111

「白器 表裏」高さ37cm、20.5×13cm



1978年千葉生まれ。2001年文化学院陶磁科を卒業し、陶芸家・上瀧勝治の白磁に惹かれて師事。磁土を筒状に轆轤挽きし、3~6カ月乾かしてから超硬カンナや彫刻刀で丹念にけずり出して焼いた、エッジの効いた線や面を活かした精緻な陶芸作品を制作する。07年に文化庁新進芸術家海外研修員として渡仏し、11年第6回パラミタ陶芸大賞展大賞、17年第27回タカシマヤ美術賞、第37回伝統文化ポーラ賞奨励賞、第64回日本伝統工芸展東京都知事賞、第7回菊池ビエンナーレ大賞、20年には日本陶磁協会賞を受賞するなど、気鋭の若手陶芸家として高い評価を受けている。
けずり出すことによって陰影の新境地が白磁にもたらされ、斬新な意匠のつまみによる蓋付花器が陶芸界に衝撃を与えた。髙島屋での初個展となる今展では、代表作である大小の蓋物を中心に、茶碗、水指などの茶陶作品加えて発表する。

アーカイブ

  • 2020 (9)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)