八代 清水六兵衛展 in 髙島屋 2021

カテゴリー: 陶芸最前線.

落合杜寿子作陶展

2021年9月16日(木)〜10月15日(金)
クラフトやまに
栃木県芳賀郡益子町城内坂89
0285-72-8200
1954年東京・駒込に生まれ、77年武蔵野美術大学陶磁器専攻を卒業し、目白陶幻倶楽部に勤務。翌年、成井立歩と成井恒雄に師事し、79年益子町に築窯し独立。
制作しているのは、大壺、花入、陶板、照明器、人形、インテリア、アクセサリー、仏像など多岐にわたっているが、薪窯での作品づくりにこだわり続けている。小高い丘の傾斜地には登り窯、窖窯、丸窯、錦窯、炭窯、角型窯の大小6基の薪窯が築かれており、登り窯で焼いたものをさらに窖窯に入れて塩や炭を投げ込むなど、窯変狙いの独自の焼成も行う。釉薬も梨灰、わら灰、もみ灰などの自然釉が中心となっており、自然の素材による薪窯焼成にこだわって土と火に向き合うのが作者の一貫したやり方だ。今回は、大壺、花入、日常使いの食器、時計など計300点余の展覧となる。





八代 清水六兵衛展〜記憶のかたち〜

2021年9月15日(水)〜21日(火)
日本橋髙島屋 6階美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

2021年9月29日(水)〜10月5日(火)
髙島屋京都店6階美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

《記憶の塔 2021-B》高さ46.5cm 34×34.5cm



1954年清水焼の名家・清水家の長男として生まれ、79年に早稲田大学理工学部建築学科を卒業後、京都府立陶工職業訓練校と京都市工業試験場で本格的に陶芸を学び、2000年に八代清水六兵衞を襲名。
「3年ぶりに東京日本橋ならびに京都高島屋で個展を開かせていただくことになりました。六兵衞を継いで初の個展から今年で20年目となります。当初から続けてきた土の板で造形していく手法は同じですが、焼成による「へたりやたわみ」を意識したものから陶が必然的に持つ、形の中の空間表現へとテーマが変わっていったように思います。
一昨年からの世界的なパンデミックにより、世の中の日常は様変わりしてしまいました。そのせいかどうかわかりませんが、昔の出来事をふと考えることが多くなったような気がします。そのような中、今回の展覧会のテーマは「記憶のかたち」にしようと思いました。
形は今までと同様タタラ技法によるものですが、芯になる角柱とそれを取り巻く、空間を持つ形で構成されています。造形に主体を置いたものから、その延長として花器に展開したものも制作しています。
新たな試みとして、素材として今まで使ってきた半磁土の以外に、磁器土や丹波の赤土、また近年新たに開発された磁土などを使ってみました。素材を変えることで違う表情を持つ表現につながればと思っています。」(八代清水六兵衞)



企画展 受贈記念 柳原睦夫花喰ノ器

2021年8月11日(水)~2022年2月06日(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
06-6223-0055

《キ・オリベ花喰笑口瓶》
1992年 高さ86cm 35×43cm
大阪市立東洋陶磁美術館蔵(杉田一弥寄贈)


《縄文式弥生形壺》
2002年 高さ52cm 50×41cm
大阪市立東洋陶磁美術館蔵(杉山道夫寄贈)


《流水文笑口壺》
1986年 高さ51.5cm 46.8×26.8cm
個人蔵 撮影・麥生田兵吾(以上同)

 1934年高知に生まれ、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)工芸科陶磁器専攻で、富本憲吉、近藤悠三、藤本能道に学ぶ。その後、アメリカのワシントン大学やアルフレッド大学に招聘され、1960年代から70年代にかけて数度アメリカに渡り約5年間過ごす。抽象表現主義やポップアートに代表されるアメリカ美術の動向を現地で体感し、66年には金銀彩に手を染め、帰国後に鮮烈な金銀彩を用いた独特の造形作品を発表し注目を集める。86年頃から「オリベ」シリーズを発表し、88年京都市芸術功労賞を受賞。2000年に京都府文化賞功労賞を受賞するとともに、「縄文式弥生形」シリーズを開始。03年日本陶磁協会賞金賞を受賞し、20年京都府文化賞特別功労賞を受賞し、現在に至る。
本展は柳原睦夫作品4点の受贈を記念し、個人蔵を加えた柳原作品41点とともに、柳原の作品に華道家・杉田一弥が花を活けた写真作品16点を併せて展示することで、作家がテーマとしてきたやきものの作品性を改めて見直す。

アーカイブ

  • 2021 (24)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)