ふたもの 前田正博展 in しぶや 黒田陶苑 2021

by & filed under 陶芸最前線.

 ふたもの 前田正博展

2021年10月8日(金)〜12日(火)
しぶや 黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14 メトロプラザ1F
03-3499-3225

《色絵洋彩蓋物》高さ11cm 径10.2cm


《色絵洋彩蓋物》高さ11.6cm 径10.2cm


《色絵洋彩蓋物》高さ11.5cm 径12.3cm


《色絵洋彩蓋物》高さ6.7cm 8×7.5cm


《色絵洋彩蓋物》高さ7.2cm 径18cm


《色絵洋彩蓋物》高さ7.5cm 14×12.5cm

1948年京都府久美浜町に生まれ、75年東京藝術大学大学院工芸科陶芸専攻修了。在学の頃に、余白を生かした日本伝統の色絵磁器ではなく、洋絵具を全面にしかも重層的に施した独自のスタイルを確立し、それを貫く。
2005年に菊池ビエンナーレ展優秀賞を受賞し、工房を東京・六本木に移転。08年智美術館大賞現代の茶陶展優秀賞、09年日本伝統工芸展日本工芸会総裁賞、10年岡田茂吉賞MOA美術館賞、11年日本陶磁協会賞をそれぞれ受賞し、16年には横浜馬車道前田正博磁器研究所を開設した。
近年は、極細のマスキングテープによって幾何学文様を進化させるとともに、磁器であることを忘れさせる塗を思わせるシックな作品も発表。昨年に続く今年は蓋物がテーマ。

 

アーカイブ

  • 2024 (12)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)