―土と炎の先へ―今井政之卒寿展 in 髙島屋京都店 2020

by & filed under 陶芸最前線.

文化勲章受章記念 情熱の藝術―土と炎の先へ―今井政之卒寿展

11月25日(水)〜12月1日(火)

髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

備前 望潮 香爐」高さ11cm、径14.5cm


「白砂瓷 夜鷹 花瓶」高さ25cm、径15cm


「窯変 蘇眉 大皿」高さ12.5cm、径74cm

1930年大阪に生まれ、備前で修行し、京都で楠部彌弌に師事。65年日本陶磁協会賞、98年日本芸術院賞をそれぞれ受賞し、2003年日本芸術院会員となる。
身近な生き物や植物を華麗にまたユーモラスに捉え、面象嵌を主調とする象嵌技法と味わい深い土味との調和や窯変によってつくり出される作品で独自の境地を切り拓いた。11年に文化功労者として顕彰され、18年には文化勲章を受章し、翌年には京都市の名誉市民として表彰された。
今展では70センチを優に超える大皿や、近年精力的に取り組んでいる白砂瓷、また疎開先で日々目にした瀬戸内を原風景とした作品を中心とした力作の展観。

アーカイブ

  • 2021 (4)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)