加藤令吉作陶展 in 松坂屋名古屋店 2020

by & filed under 陶芸最前線.

 

加藤令吉作陶展

2020年7月1日(水)〜7日(火)

松坂屋名古屋店
名古屋市中区栄3-16-1
052-251-1111(代)   

慶長年間に始まる「背戸窯」の22代目として、1953年瀬戸に生まれる。玉川大学文学部芸術学科陶芸専攻を卒業し、日展で会員賞および特選、中日国際陶芸展で外務大臣賞・文部大臣賞・愛知県知事賞などを受賞。またイタリア・ファエンツァ国際陶芸展に招待出品するなど、瀬戸を代表する陶芸家の一人。
400年を超える「背戸窯」の歴史と伝統を継承し、「原点回帰から未来への発信」をテーマに、新たな表現に挑戦し続けているが、3年ぶりとなる今展は、白煌彩や碧煌彩など土味と煌きを組み合わせた斬新なマチエールなど、4約0点の展覧。

「緑影彩茶碗」高さ8.7cm、12.1×11.8cm


「黒霞彩茶話」高さ7.4cm、径12.8cm


「香泥彩茶碗」高さ8.8cm、11.2×11.1cm


「彩泥花器」高さ20cm、14.5×14cm


「白煌彩花器」高さ31.7cm、21.8×16.6cm


「碧煌彩壺」高さ38.5cm、19.4×18.8cm

 

アーカイブ

  • 2021 (18)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)