白の設え 和田的白磁展 in 現代工芸 藤野屋 2022

by & filed under 陶芸最前線.

 

白の設え 和田的白磁展

2022年11月4日(金)〜8日(火)
現代工芸 藤野屋
佐野市浅沼町859
0283-23-0700

1978年千葉に生まれ、2001年文化学院芸術専門学校陶磁科を卒業し、上瀧勝治に師事。05年佐倉市に窯を築き、07年第35回新作陶芸展日本工芸会賞を受賞し、文化庁新進芸術家海外研修員として渡仏。09年第20回日本陶芸展池田満寿夫賞、10年第50回東日本伝統工芸展第50回展記念賞、11年パラミタ陶芸大賞展大賞、17年菊地ビエンナーレ大賞を受賞する。
一貫して取り組んでいるのが白磁で、肉厚に挽き上げた素地を超硬カンナでけずり出す彫刻的な作品。鋭い線と多様な趣を演出する面によるコントラストが、光と影、静と動、生と死などを表出する。独自の手法で新たな白磁の美学を開拓する同画廊の初個展には、約70点が展示される。



《白器 表裏》高さ12.6cm、52.6×37.7cm


ENERGY TREE》
高さ88.2cm、径22cm


2点とも《白器香炉 ようこそ!》
(左)高さ24.2cm、径13.6cm
(右)高さ20cm、径11.4cm


《白器 喜怒哀楽 ドカーン!》
高さ35.1cm、15.4×8.7cm


(左)《白器 記憶》高さ28.6cm、径9.7cm
(右)《白器 記憶》高さ21.6cm、径7.9cm


《白器 海》高さ34.3cm、9.9×8.8cm

 

アーカイブ

  • 2022 (36)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)