卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展 in 国立工芸館 2024

by & filed under 陶芸最前線.

 

卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

2024年3月19日(火)〜6月2日(日)
国立工芸館
石川県金沢市出羽町3-2
050-5541-8600(ハローダイヤル)

 1934年岐阜・土岐生まれ。多治見・市之倉町の丸幸陶苑に勤務する父の助手として働き、66年31歳で独立。薪窯でしか焼けないとされてきた「志野」にガス窯で取り組み、伝統を大切にしながら独自の作陶スタイルを確立。94年59歳で、荒川豊蔵(1894〜1985)に続き二人目の「志野」における重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
志野は日本で生まれた初めての白いやきもので、長石釉のみの無地志野、下絵付によって鉄絵が施された絵志野、鉄化粧を掛けた鼠志野や紅志野、二種類の土を混ぜ合わせた練上志野などが伝統的だが、氏は現役陶芸家として最長の人間国宝として独自性に富んだ新しくて力強い「志野」に現在も取り組んでいる。
本展は、卒寿を迎えるのを機に、初期から最新作までの作品を一堂に展示し、古典を大切にしながらも氏の美意識を映し出した独自性に富んだ作品を展示するもので、鈴木藏の軌跡と「今」が示される。



《志野茶碗》2013年 国立工芸館


《志埜茶碗》2006年 国立工芸館蔵


《織部大皿》1972年 個人蔵


《志埜大皿》1991年 国立工芸館蔵


《志野陶塑》2018年 個人蔵


《志野陶塑》2022年 個人蔵

 

アーカイブ

  • 2024 (16)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)