女流陶芸家の草分け 辻󠄀 󠄀輝子展 in パラミタミュージアム 2021

by & filed under 陶芸最前線.

 

女流陶芸家の草分け 󠄀辻󠄀 󠄀輝子展

2021年2月5日(金)~3月28日(日)

パラミタミュージアム
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
059-391-1088

《しゃが万華鏡》高さ14.2cm 口径4.6cm


《草花紋大壺》高さ49cm 径37cm


《さるとりいばら水指》
高さ16.5cm 径15cm


《椿香合》高さ2.5cm 径7.2cm


《美男かずら鉢》高さ11cm 27.5×25.5cm


《椿香合》高さ3cm 5.4×5.4cm

1920(大正9)年東京・日本橋に生まれ、38年に大森光彦・富本憲吉に陶芸を師事。41年東京府現代工芸美術展で特賞、国画会で特選を受賞し、東京・世田谷区若林に窯を築く。翌年にも東京府現代工芸美術展で特賞を受賞し、女流美術展にも出品。
54年北大路魯山人と交流を始め、55年には硬質陶器製法の特許を申請し、翌年許可される。70年伊東・宇佐美に孔雀窯を築き、78年には東宮御所にて陶芸展を開催。94年伊豆高原に「辻󠄀輝子 陶の華美術館」を開き、2017年女流陶芸家の草分けとして活躍した生涯を閉じた。
身近な花や虫など小さな生命に慈愛の目をそそぐその繊細な表現は国内外で高い評価を受けており、当館では茶碗、香合などの茶道具から陶製アクセサリーまで約400点に及ぶ作品を収蔵し、国内随一の規模を誇っている。今回の作品展には上皇后陛下美智子さまより当館にご寄贈のあった作品も展示される予定。なお、陶芸家・辻清明は辻󠄀輝子の実弟で、同じく辻󠄀厚成氏はそのご子息。

 

アーカイブ

  • 2021 (11)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)