新しい風 -ishokenのデザインと表現- in 日本橋髙島屋 2024

by & filed under 陶芸最前線.

 

新しい風 -ishokenのデザインと表現-

2024年3月27日(水)〜4月1日(月)
日本橋髙島屋 美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

Ishoken=多治見市陶磁器意匠研究所は、1951 年に前身の美濃焼上絵付研究所が設立されて以来、70 年以上にわたりやきものにたずさわる人材の育成に取り組み、現在は1,000人を超える修了生が、国内のやきもののあらゆる分野で活躍している。
本展は、日本の陶芸界に多くの作家を輩出してきた同研究所の中島晴美所長を初めとする修了生や、現役研究生22名によるグループ展で、やきものの多様性と陶芸界の未来を予見させる作品群を一堂に展観される。

出品作家:大江憲一、竹内紘三、駒井正人、柳井友一、松村淳、馬場康貴、荻野由梨、矢次美穂、深澤伊穏、故金あかり、五嶋穂波、宇佐美賢祐、ナカヒラアンディ、荒木桃子、喜代田花、島陰幸乃、髙橋葵、後藤実穂、中谷早希、馬場千晶、福田力翔、向井奈生子 (順不同)
賛助出品:中島晴美



宇佐美賢祐《急須》高さ10cm、10.5×13cm(左)、高さ12cm、10.5×12cm


馬場康貴《structural vessel》高さ38cm、20×20cm

アーカイブ

  • 2024 (10)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)