時の移ろいに想いをこめた滝口和男による博物誌 in セイコーハウス銀座ホール 2023

by & filed under 陶芸最前線.

 

 

時の移ろいに想いをこめた滝口和男による博物誌

2023年5月25日(木)〜6月4日(日)
セイコーハウス銀座ホール
中央区銀座4-5-11 セイコーハウス銀座6階
03-3562-2111(代表)

1953年京都に生まれ、89年日本陶芸展大賞秩父宮賜杯、90年MOA美術館岡田茂吉賞工芸部門優秀賞、91年日本陶磁協会賞をそれぞれ受賞し、翌年英国王立美術院を修了。2013年京都府文化賞功労賞を受賞し現在に至る。
同ホールでは3年ぶり6回目の個展で、時代の変遷を敏感にとらえ、その想いをやきものにこめた約100点が一堂に会する。確かな技術と多彩な表現力とで独自の陶芸を追求している滝口氏だが、缶詰をイメージした作品群では、誰もが思わず微笑むような心ほころぶノスタルジックな世界を展開。お馴染みの十二支や12星座、牽牛と織女、七福神たちが織りなすものがたりや小さなやきものでつくられた「博物誌」の展覧会。



《三日月音響匣 年を継ぐ者たちの宴には》
高さ13.8cm、18.6×24.9cm 


館匣 赤煉瓦の館に棲まう者たちが》
高さ18.3cm、15.3×16.5cm


上《織部釉匣 緑の中に鳥たちの楽園を見い出し》
高さ9.3cm、11.1×19.5cm
下《織部釉小匣 昔ながらの大工道具の箱には》
高さ6.3cm、5.7×13.2cm


奥《湧き立つ青白雲を》
高さ43cm、24×34cm
手前《一片の青白雲と》
高さ18.3cm、15.3×16.5cm

アーカイブ

  • 2024 (12)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)