松崎健陶展 in 三越日本橋本店 2018

by & filed under 陶芸最前線.

 

土と炎に魅せられて 松崎健陶展

2018年 7月11日(水)〜16日(月)

三越日本橋本店 美術画廊
中央区日本橋室町1-4-1
03-3274-8472

1950年東京に生まれ、72年に玉川大学を卒業し、重要無形文化財保持者・島岡達三に師事。77年に益子に築窯したが、民藝ではなく、志野、織部、黄瀬戸、引出黒に進む。益子原土を初めとする土と焼成の炎、つまりやきものの原点を突き詰めた灰被や窯変などで、独自の創作領域に達している。
今展は、土と炎の格闘から生み出されたダイナミックな壺や花器のほか、厳選された志野、織部、黄瀬戸などの茶碗約20点の発表。

「金志埜茶碗」高さ9.5cm、10×10cm


「窯変陶塊石水指」高さ17cm、19×19cm


「志埜陶塊石花器」高さ30cm、14×14cm

 

アーカイブ

  • 2018 (30)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)