福本双紅展 in 日本橋髙島屋 2017

by & filed under 陶芸最前線.

髙島屋美術部創設110年記念 福本双紅展―ゆくかた―

「プラチナの夜露」




10月18日(水)〜24日(火)


日本橋髙島屋 美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

(前)高さ11.5cm、17×17cm
(後)高さ18.5cm、30×26cm



1973年京都に生まれ、99年京都市立芸術大学大学院修了。栗木達介、秋山陽、佐藤敏、長谷川直人の諸氏に師事し、器同士を重ねて釉薬で溶着する「釉着技法」を用いた作品や轆轤成形によるシャープな器などで、2001年朝日現代クラフト展グランプリ、02年都府美術工芸新鋭選抜展最優秀賞、03年五島記念文化賞美術新人賞、12年京都府文化賞奨励賞を受賞。
今展では、代表作である大小様々な「うつわ」を中心に、作者の今後の創作の「行く片」を感じさせるプラチナ箔の作品や、壁面作品などの新作を一堂に展観する。
*ホーム掲載作品:「そらの音」高さ11.8cm、40×39.5cm

○京都髙島屋=11月15日(水)〜21日(火)

 

アーカイブ

  • 2024 (12)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)