笠間焼250年記念 欲しいがみつかる・うつわ展Ⅱ-笠間と益子- in 茨城県陶芸美術館 2022

by & filed under 陶芸最前線.

 

 

笠間焼250年記念 欲しいがみつかる・うつわ展Ⅱ-笠間と益子-

2022年9月17日(土)〜12月11日(日)
茨城県陶芸美術館
笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
0296-70-0011 



小堤晶子、垣沼千亜季、工房モノゴコロ、鈴木美汐、廣田哲哉 、丸山卓也 、AGO PAIX LABO、庄司千晶、竹下鹿丸 、ツキゾエハル 、中村かりん、山野辺彩



丘上八雲 、グラハム・マクアリスタ、小林耶摩人 、佐々木恒子 、西村峰子、船串篤司 、阿久津雅土、 Ayaka Tabala 、伊藤丈浩 、キマノ陶器


本展は、2018年に開催した「欲しいがみつかる・うつわ展」の第2弾で、笠間(茨城) と益子(栃木)を拠点に活動する74名の作家による作品展。
笠間焼が創業250年を迎え、20年に「かさましこ」として日本遺産に認定された笠間と益子は、伝統的なものから新しい感覚の作風のものなど、多様な個性を許容するやきものの一大産地として注目を集めている。
しかし、個人作家のつくるうつわの多くは少量生産のため、個展や陶器市などに作品並ぶとすぐに完売するなど、作家の手元に作品が残ることが少なく、美術館では紹介されづらい状況にあった。
本展では、そのような個人のうつわ作家に焦点をあて、両産地の「今」を見つめ、実際に手に取ってみたくなるような以下の作家の作品が展開されている。
《笠間》
阿部誠/伊藤珠子/大野香織/大和田友香/丘上八雲/小堤晶子/垣沼千亜季/梶田 慶/ (茨城) 金井春樹/川澄智一/きさのき塔窯/鯨井円美/グラハム・マクアリスタ/assa./Keicondo/ 工房モノごコロ/小林耶摩人/小松弦太/近藤文/酒井敦志之/坂本 新/佐々木恒子/ 佐藤りぢゅう/新島佐知子/杉山 悠/鈴木美汐/砂山ちひろ/セレンのあ/髙橋春夫/ 千葉こずえ/西村峰子/平岡 仁/平沢佳子/平松祐子/廣田哲哉/船串篤司/穂髙隆児/ 馬目隆広/丸山卓也/横山知加子/李志杰
《益子》
阿久津忠男/阿久津雅土/AGO PAIX LABO/Ayaka Tabala/伊藤丈浩/岩下宗晶/ (栃木) 榎田若葉/沖本東/小野澤弘一/川崎萌/キマノ陶器/久保田健司/栗谷昌克/西丸太郎/櫻井薫/佐々木康弘/島田琴絵/下永久美子/庄司千晶/鈴木宏美/竹下鹿丸/田代倫章/ ツキゾエハル/豊田雅代/中村かりん/蓮見かおり/樋口早苗/廣川 温/福島晋平/ 宮田竜司/山野辺 彩/吉澤奈保子/吉田丈



グラハム・マクアリスタ(笠間) 《塩釉ピッチャー》2018ほか


中村かりん(益子) 《ふたもの《左から象、猫、ハリネズミ》2022


小堤晶子(笠間)《ブレーメンの音楽隊ティーセット》


久保田健司(益子) 《スリップウェア・フラワー》2022

アーカイブ

  • 2024 (16)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)