萩 坂倉正紘展 in 日本橋髙島屋 2022

by & filed under 陶芸最前線.

 

萩 坂倉正紘展

2022年10月05日(水)〜10月10日(月)
日本橋髙島屋 6階美術画廊
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

1983年、十五代坂倉新兵衛の長男として山口・萩に生まれる。2009年東京藝術大学大学院彫刻専攻、11年京都市伝統産業技術者研修を修了し、19年現在形の陶芸萩大賞展Ⅴ佳作。
坂倉家の特徴的な枇杷色の肌に土味を見せる釉調の茶碗をはじめとした伝統的な茶陶作品を手掛けるかたわら、藝大で学んだ彫刻の技法を活かした現代的な造形作品にも取り組む。また、大道土をはじめとした萩の伝統的な土に加え、身近な場所で自ら採取した土も取り入れて制作するなど、素材の質感を活かした個性溢れる作品を生み出している。当画廊での初個展となる当展では、茶碗を中心に花器や鉢、酒器などの新作を一堂に展観する。



左:《祠赤土茶盌 大道粉引》高さ8cm、12×11cm 右:《花器》高さ29cm、14.5×12cm


 

アーカイブ

  • 2024 (16)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)