襲名記念 十一代大樋長左衞門展 in 髙島屋 2016

by & filed under 陶芸最前線.

襲名記念  十一代大樋長左衞門展

「大樋黒釉茶盌」高さ8.7cm、径13cm 

「大樋黒釉茶盌」高さ8.7cm、径13cm



2016年 5月25日(水)〜31日(火)

髙島屋京都店美術画廊
京都市下京区四条通河原町西入真町52番地
075-221-8811

6月8日(水)〜14日(火)

日本橋髙島屋 美術工芸サロン
中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

1958年十代大樋長左衞門の長男として金沢に生まれる。アメリカで陶芸の基礎を学び、帰国後に十代の許で楽焼を制作するかたわら、建築や空間デザインも手掛ける。
一方、「アメリカン・ラク」のワークショップを全米で展開するなど、地元の原材料を使った海外での制作もさかんに行い、グローバルな作家活動も積極的に展開。
今回の襲名記念には、こうしたワークショップなどで培われた十一代の独自の表現をはじめ、伝来の黒釉や飴釉による茶碗などが展示される。
現在、ロチェスター工科大学客員教授、国際陶芸アカデミー会員、日本文化フォーラム会員、日本工芸会正会員。

アーカイブ

  • 2024 (12)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)