谷本景の軌跡 in 伊賀市ミュージアム青山讃頌舎 2022

by & filed under 陶芸最前線.

谷本景の軌跡

2022年9月2日(金)〜10月10日(月)
伊賀市ミュージアム青山讃頌舎
三重県伊賀市別府718-3
0595-52-2100



《古代から 2015》高さ47cm、25×12cm


古代から 2015》高さ61cm、57×15cm


《古代から 2015》高さ60cm、50×16cm

1948年、戦後古伊賀の復興に尽力し谷本伊賀を確立した陶芸家・谷本光生の長男として、三重・伊賀市に生まれる。70年美濃で日根野作三、加藤仁に師事し、72年伊賀三田窯で作陶を開始する。
しかし、家業の焼き物より平面作品に魅かれて73年パリのウィリアム・ヘイターのアトリエ17で銅版画を学ぶ。ところが、当地で陶芸を教える機会を得て、生まれ故郷の伊賀焼の魅力を再発見。77年帰国し三田窯を継承し、以後全国各地で父子展や個展を開催する。
本展には、70年代から今日までの伊賀焼に加え、銅版画、ドローイング、ペインティングなど、半世紀にわたって制作された代表作約50点が展示される。



《古代から 2015》高さ60cm、63×18cm


《古代から 2016》高さ60cm、54×14cm

アーカイブ

  • 2024 (16)
  • 2023 (34)
  • 2022 (39)
  • 2021 (32)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)