金重晃介作陶展 in 天満屋岡山店 2021

by & filed under 陶芸最前線.

 

金重晃介作陶展「大空に花を…」

2021年3月10日(水)〜16日(火)

天満屋岡山店 美術画廊
岡山市表町2-1-1
086-231-7523

《三角擂座花入》高さ23.7cm 径12.6cm


《耳付水指》高さ16.5cm 26.7×21.6cm


《耳付花入》高さ21cm 19.2×13.5cm


《少年時代》高さ108cm 49.5×18.9cm


《大空に花を》高さ90cm 径36cm


《少女時代》高さ108cm 49.5×18.9cm

1943年金重陶陽の三男として備前市伊部に生まれ、70年東京藝術大学大学院彫刻科修了。陶芸の教育に携わってから77年に帰郷し、82年からは窯を築いた香登を拠点とする。
88・90年茶の湯造形展優秀賞、94日本陶磁協会賞、99年山陽新聞社賞を受賞し、12年岡山県重要無形文化財保持者に認定され、14年には岡山県文化賞を受賞した。
父親の陶陽が開発し備前に定着したとされる「素穴」を兼ね備えた登窯でともに焼いた、伝統的な備前焼とテーマとしているオブジェの展覧。


 

アーカイブ

  • 2021 (11)
  • 2020 (28)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)