HOPES 次世代百選展 in 三越日本橋 2017

by & filed under 陶芸最前線.

三越美術110周年 HOPES 次世代百選展

2017年 8月30日(水)〜9月5日(火)

三越日本橋本店 美術画廊
中央区日本橋室町1-4-1
03-3274-8472

加藤亮太郎「志野茶盌」高さ9.8cm、14×10.2cm


和田的「白器 記憶」高さ30cm、11×12cm


新里明士「光器」高さ5.7cm、径20.8cm

日本橋三越本店の美術フロアは1907年に誕生し、今年で110周年を迎える。同展はそれを記念したもので、次の110年を見すえた企画。「三越の美術」がえらんだ絵画、彫刻、工芸のほかに、コンテンポラリーを含めた次代の日本美術を担う約140名の作品を紹介する。
陶芸部門では、トップページと本欄でアップした作家以外に、次の陶芸家の意欲作が展示される。

伊勢﨑晃一朗、伊勢﨑紳、市野雅彦、浦口雅行、酒井田柿右衛門、志賀暁吉、鈴木徹、德田八十吉、中里太郎右衛門、中村清吾、林恭助、福島善三、福野道隆、細川護光、松井康陽、三上亮、牟田陽日、若尾経

*トップ掲載作品:<左>今泉毅「窯変天目」高さ8cm、径12.3cm
<右>桑田卓郎「Tak-C-16-093」高さ10cm、15.5×14.6cm

 

アーカイブ

  • 2020 (3)
  • 2019 (20)
  • 2018 (39)
  • 2017 (43)
  • 2016 (39)
  • 2015 (21)
  • 2014 (38)
  • 2013 (1)